澁澤卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

澁澤 卿(しぶさわ けい、1949年 - 2012年4月29日)は、日本画家日蓮宗僧侶。身延山大学客員教授を務める。東亜大学教授。繊細なタッチで日本の風景を描写し、やさしい画風が多くの絵画ファンに愛されている。また、僧侶としての独自の世界観を絵画に表現し、「描く坊主」としても有名。本名は、澁澤瑩俊(しぶさわ えいしゅん)。横浜六浦上行寺副住職も兼任している。

経歴[編集]

  • 1949年、群馬県佐波郡境町(現伊勢崎市)出身 
  • 1974年、東京芸術大学美術学部卒業
  • 1977年、出家得度して日蓮宗僧侶となる
  • 1982年、東京芸術大学非常勤講師に就任
  • 1990年、東亜大学教授に就任
  • 1995年、人気テレビ番組「美の世界」で「僧籍を持つ日本画家・澁澤卿」が放送され大きな反響を呼んだ
  • 1998年、大作「久遠春光」が身延山久遠寺に収蔵された
  • 2001年、身延山大学客員教授に就任
  • 2012年4月29日に急性心筋梗塞のため死去、63歳没[1]

主な作品[編集]

  • 「雪華河径」
  • 「春待山色」
  • 「水花薫風」
  • 「和風山水」

主な著作[編集]

  • 「澁澤卿画展画集」
  • 「御経葩」

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本画家の渋沢卿氏が死去 産経新聞 2012年4月29日閲覧

外部リンク[編集]