湯あたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湯あたりゆあたり)とは、頻繁にあるいは長時間温泉入浴を続けていると、現れる病的症状のことである。全身に現れる全身症状と、体の部分に現れる局所症状に分かれる。

原因[編集]

メカニズムは解明されていないが、温泉水の刺激と気候刺激によって自律神経系、ホルモン分泌系、そして免疫系の防衛反応が調子を乱れることが原因と考えられる。

関連項目[編集]