湊祥山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湊 祥山(みなと しょうざん、1936年昭和11年)1月27日 -2012年平成24年)8月2日 )は、日本の書家[1]秋田県井川町にて出生。本名・慶吉[1](けいきち)。

概要[編集]

書家として数々の作品を発表。秋田書道展無監査。毎日書道展会友。書写書道教育誌「書友」指導者。師は、佐藤秀湖続木湖山教育者としての活動も多岐に渡り、最終勤務は秋田県立比内養護学校長。 妻は元教員(小学校教頭)。長女は国語教員。次女はナレーター鶴岡慶子。兄は詩人 斎藤肇。姪に詩人船木倶子粟津號の妻)、イラストレーターの牧かほり

書家としての略歴[編集]

展覧会[編集]

- 創玄展(東京都美術館)
- 慶山会展(東京銀座松坂屋)
- 倫の会(秋田県立美術館)
- 書友同人展(秋田県立美術館)
- 書親会書道展(五城館)

教育者としての略歴[編集]

  • 1963年、秋田県北秋田郡米内沢中学校教諭
  • 1989年、秋田県立比内養護学校教頭
  • 1993年、秋田県立比内養護学校校長
  • 1994年、全日本特殊教育連盟功労者表彰
  • 1996年、定年退職
  • 1998年、文部大臣教育功労者章 受章
  • 1999年、全日本特殊教育連盟特別功労章 受章

出典[編集]

  1. ^ a b 井川町広報628号pp9