渡邉正己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邉 正己(わたなべ まさみ、1948年3月11日[1] - )は、日本の生命科学者、京都大学名誉教授薬学博士(東京大学)。研究分野は放射線生物学で、長年に亘り、様々な物理化学的ストレスに対する細胞応答機構について研究を行っている。

略歴[編集]

放射線量と発癌性に関する見解[編集]

渡邉は2011年に発生した福島第一原子力発電所事故に関連して産経新聞社からインタビューを受け、低い放射線量における発癌の危険性について、「国際的な報告書では年間100~200ミリシーベルトという低い線量域での影響を測ることは難しいとされます。低い線量でも健康に害を与えると仮定しても、発がん率はおよそ100人に1人。放射線の被曝がなくても100人のうち50人はがんになるので、あまり影響はないと予想されます。」と回答している[2]

出典・脚注[編集]

渡邉正己退官記念講演会抄録 (PDF)

  1. ^ J-GLOBAL ReaD 渡邉 正己”. 科学技術振興機構 (2010年3月18日). 2011年7月15日閲覧。
  2. ^ 放射性物質が体内に入ったら? 京大・渡邉正己教授に聞く”. MSN産経ニュース (2011年3月21日). 2011年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]