清野光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清野 光
Hikaru Seino
生誕1987年5月13日
北海道札幌市
職業フラワーアーティスト
著名な実績HANANINGEN[1]
公式サイト

清野 光(せいの ひかる Hikaru Seino、1987年5月13日 - )は日本フラワーアーティスト。北海道札幌市出身。 「世界一花を愛せる国を作る」というコンセプトで花屋 『GANON FLORIST』を主宰。東京、ロサンゼルスを拠点にフラワーアーティストとして活動する。植物を使った平和を伝える作品と共に、頭に生花を飾って写真を撮る『HANANINGEN(花人間)』[2]の活動を中心に、日本国内外でフラワーアーティストを育成し花の魅力を伝える活動を行う。札幌観光大使。

人物[編集]

23歳で単身カナダに渡り、ファッションプロデューサーKeiko Boxollに師事。数々のオートクチュールブランドのファッションショーに携わりデザインを学ぶ。 帰国後、26歳で札幌にて花屋『GANON FLORIST』をオープン。 27歳より、頭にを飾って写真を撮るHANANINGENプロジェクトを始動。HANANINGENを体験した人を「発芽」と呼び、4万人以上の人を発芽させる[3]。 2016年よりフラワーアーティストの育成を行う。 『GANON FLORIST』は、花束・アレンジメントの制作・ブライダル装花を制作する一方、国内外で多くの著名人(大泉洋、コシノ・ジュンコ、サリナ・ジョーンズ等)の発芽や、一流ブランドのパーティー装花及びデザインを担当。 2019年より、新型コロナウイルスによるフラワーロスを減らすための運動『ロスフラワー救済プロジェクト』を始動。 カナダやスペインなど国外でのフラワーショーや[4] [5]、日本国内では森ビル虎ノ門ヒルズなどにて作品展示を行う。 植物を使用した作品を通して、自然共存の思想の発信や自然の価値を高める活動を行う。

略歴[編集]

  • 2013年
    • フラワーブランド『GANON FLORIST』をオープン
  • 2014年
    • IBM及びLenovoの合併パーティー 装花を担当。BMW Chinaのパーティー アートパフォーマンス。HANANINGENプロジェクトを始動、2021年現在国内外で5万人以上が発芽。
  • 2015年
    • カナダ、バンクーバーにて『HANANINGEN』ショー開催。[6]『HANANINGEN Floral Show in Sapporo』開催。Kaneboコフレドールとキャンペーンコラボレーション『HANANINGEN Floral Show Autumn』開催。
  • 2016年
    • EWAAC2016(イースト・ウエスト・アート大賞)ファイナリストに作品選出。Best of the Best Photographers 2016にアート作品選出。HANANINGEN東京、京都、大阪Studioオープン。
  • 2017年
    • GINZA SIXオープニングイベントにて装花を担当。デザイナーコシノジュンコ3姉妹とHANANINGENコラボレーション。
  • 2018年
  • 2019年
    • カナダ、バンクーバーにてVancouver fashion festival出演[8]虎ノ門ヒルズにてコスメデコルテ&Kate Moss]パーティー装花担当。
  • 2020年
    • 写真家 Visarute Andkatavanichとコラボレーション。[9]廃棄植物による押し花の廃花本『Torles and the sprouting forest』出版。9月24日~30日東急百貨店『東急千華展』にて作品を展示。『コロナによるロスフラワー救済プロジェクト』をスタート。24時間テレビ出演。HANANINGEN台湾、釧路、福島studioオープン。
  • 2021年
    • 大丸松坂屋アートワーク担当。HANANINGEN横浜、静岡、大阪、鹿児島、宮城、富山、東京、千葉studioオープン。東京スパイラルガーデン『象徴の化石―HANANINGEN展―』個展開催。「Japan Kids Fashion Week 2021」コラボレーション。[10]

脚注[編集]

  1. ^ [1] TABIZIN 2016年11月28日閲覧。
  2. ^ [2] TABIZIN 2016年11月28日閲覧。
  3. ^ [3]文化芸術情報誌Newえるふ 2020年12月1日閲覧。
  4. ^ [4] カナダ・バンクーバー誌Oops! 2015年10月5日閲覧。
  5. ^ [5] バンクーバー新報 2019年6月13日閲覧。
  6. ^ [6] カナダ・バンクーバー誌Oops! 2015年10月5日閲覧。
  7. ^ [7]テレビSTV 2018年10月27日閲覧。
  8. ^ [8] バンクーバー新報 2019年6月13日閲覧。
  9. ^ [9] ANNGLE 2020年2月5日閲覧。
  10. ^ [10] exciteニュース 2021年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]