清輝橋停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清輝橋停留場
清輝橋停留場(改修工事前)
清輝橋停留場(改修工事前)
せいきばし
Seikibashi
◄S08 東中央町 (0.3km)
所在地 岡山市北区清輝橋一丁目
駅番号 S09
所属事業者 岡山電気軌道
所属路線 清輝橋線
キロ程 1.6km(柳川起点)
岡山駅前から2.1km
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1946年昭和21年)9月6日
テンプレートを表示
バリアフリー化後

清輝橋停留場(せいきばしていりゅうじょう)は岡山県岡山市北区清輝橋一丁目にある岡山電気軌道清輝橋線停留場である。駅番号はS09

構造[編集]

1面1線の片面ホーム。清輝橋線の終点駅であり、電停の直前で軌道が単線になっている。

2007年平成19年)5月から電停のバリアフリー化が順次実施された。第一弾としてホーム拡幅などの改修が行われ、同年8月3日始発から新しい電停の使用が開始された。さらに清輝橋交差点の改良工事の一環として電停南側へ横断歩道の新設工事が行われ、同年11月5日から使用開始された。同駅でのバリアフリー工事完了により、清輝橋線のすべての駅がバリアフリー対応となった。

改修前は単線になる分岐部が清輝橋行き側に収束していたが、改修後は岡山駅前行き側に収束するようになっている。

周辺[編集]

歴史[編集]

バス路線[編集]

「清輝橋」バス停[編集]

交差点南側・交差点北側の国道30号沿い・交差点西側の市道(大学病院通り)沿いに「清輝橋」バス停がある。

Harecaの場合に限り、岡山電気軌道の路面電車(岡山駅前郵便局前方面)と岡電バス新岡山港方面・国道30号方面)・両備バス(国道30号方面)を、清輝橋停留場と清輝橋バス停で乗り換えた場合、乗換を含んだ乗車区間を全てバスで乗車したものとして運賃計算する[2]

乗り入れるバス会社

一般路線[編集]

乗り場 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
交差点南側(南行) 012 岡電 岡南営業所  
000 岡電 (岡南営業所・洲崎経由)中央市場 平日のみ運行
011 岡電 (岡南営業所・洲崎経由)築港元町  
021 岡電 (岡南営業所・洲崎・松浜町経由)岡山ろうさい病院  
022 岡電 (岡南営業所・洲崎・並木町経由)岡山ろうさい病院  
041 岡電 (岡南営業所・浦安体育館経由)岡南飛行場  
051,052 岡電 (岡南営業所・日赤病院入口経由)大東  
062 岡電 (岡南営業所・日赤病院入口経由)南ふれあいセンター・岡南飛行場  
03H 岡電 (岡南営業所・日赤病院入口経由)日赤病院 平日のみ運行
501 両備 (岡南営業所・洲崎・締切堤防・上山坂・田井経由)宇野駅  
502 両備 (岡南営業所・洲崎・締切堤防・小串経由)鉾立  
531 両備 (岡南営業所・日赤病院入口・興陽高校経由)岡山南支援学校 同学校休校日は運休
533 両備 (岡南営業所・日赤病院入口・興陽高校・秀天橋・宇野駅経由)玉野市役所前  
534 両備 (岡南営業所・日赤病院入口・興陽高校・秀天橋・宇野駅・三井E&S経由)渋川  
535 両備 (岡南営業所・日赤病院入口・興陽高校・秀天橋・荘内・長尾・三井E&S経由)渋川  
交差点北側(北行) 003 岡電 東中央町大雲寺前経由)天満屋  
03H 岡電 (東中央町・大雲寺前・天満屋・田町・イオン経由)岡山駅 平日のみ運行
001 岡電 (東中央町・大雲寺前・NTT経由)岡山駅 天満屋は経由しない
001 岡電 (東中央町・大雲寺前・天満屋・NTT経由)岡山駅  
両備 (大雲寺前・天満屋・NTT経由)岡山駅  
4 八晃 めぐりん医大左線〕東中央町・大雲寺前・NTT・岡山駅前・イオン 土休日午後のみ運行。天満屋・岡山駅構内には入らない
交差点西側(東行) 092 岡電 (新道平井・旭東病院経由)新岡山港 小豆島連絡)
098 岡電 岡大附属校 同学校休校日は運休
交差点西側(西行) 002,03H 岡電 大学病院入口水道局前市役所前・イオン経由)岡山駅  
008 岡電 (大学病院入口・水道局前・市役所前・イオン・岡山駅・天満屋・県庁前・二本松経由)岡電高屋  
018 岡電 (大学病院入口・水道局前・市役所前・イオン・岡山駅・天満屋・後楽園・浜経由)藤原団地 平日のみ運行
1 八晃 〔めぐりん医大右線〕大学病院入口・水道局前・市役所前・イオン・岡山駅前・NTT 平日・土休日午前のみ運行。岡山駅構内・天満屋には入らない
1 八晃 〔めぐりん医大右線〕大学病院入口・市役所南・市役所前・イオン・岡山駅前・NTT 土休日午後のみ運行。岡山駅構内・天満屋には入らない
6 八晃 〔めぐりん日赤線〕大学病院入口・大元駅前・新保(めぐりん)・日赤病院  
6 八晃 〔めぐりん日赤線〕大学病院入口・水道局前・市役所前・イオン・岡山駅前・NTT 岡山駅構内・天満屋には入らない

隣の停留場[編集]

岡山電気軌道
清輝橋線
東中央町停留場 (S08) - 清輝橋停留場 (S09)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本鉄道旅行地図帳11号中国・四国』、新潮社、2009年、ISBN 978-4-10-790029-6 より。地蔵前駅は1947年(昭和22年)1月28日に現在の東中央町 - 清輝橋間に開業。廃止年月日不明。
  2. ^ 路面電車乗継サービス (pdf)”. 両備バス. 2018年9月23日閲覧。