八晃運輸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八晃運輸株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
703-8263
岡山県岡山市中区倉益363-2
北緯34度38分25.2秒 東経133度58分45.8秒 / 北緯34.640333度 東経133.979389度 / 34.640333; 133.979389座標: 北緯34度38分25.2秒 東経133度58分45.8秒 / 北緯34.640333度 東経133.979389度 / 34.640333; 133.979389
設立 1974年昭和49年)10月19日[1]
業種 運輸業
法人番号 5260001005389 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業[1]
代表者 成石敏昭[1]
主要株主 株式会社アウルホールディングス
外部リンク https://www.suntaxi-g.com/
テンプレートを表示

八晃運輸株式会社(はっこううんゆ)は、岡山県岡山市中区に本社を置くタクシーバス会社である。一般社団法人岡山県タクシー協会加盟。

概要[編集]

持株会社である株式会社アウルホールディングス(2003年7月設立、本社:岡山県岡山市南区妹尾3273-3)[2]の傘下に属する。

アウルグループ(旧・八晃グループ)内には、環境部門(浄化槽管理・清掃・産業廃棄物処理・ゴミ処理・肥料製造・古紙リサイクル・製紙・自動車リサイクル)、福祉部門(保育園・老人ホーム経営)と並び、運輸事業部(タクシー・バス)[3]が存在する。その運輸部門3社(八晃運輸・吉備交通・大和交通株式会社)の中核となるのが八晃運輸である[4]。八晃運輸と関連会社の吉備交通・大和交通と共に「サンタクシー」グループを形成する[1]

社名・ブランド名の由来は、「あきらか、かがやく、ひかる、ひかり」を意味する「晃」が「八方に広がる」ことから「八晃運輸」と命名し、八方に光り輝く太陽をイメージして「サンタクシー」と命名した[3]

2012年7月20日からは乗合バス事業にも参入し、市内循環バス「めぐりん」も運行している。

事業所[編集]

出典[1][3]

八晃運輸株式会社
  • 本社
    • 岡山県岡山市中区平井1097-18
    • タクシー事業部 平井営業所、タクシー配車センター、バス事業部を併設。
  • タクシー事業部 倉益営業所(旧:本社・平井営業所倉益車倉庫)
    • 岡山県岡山市中区倉益363-2
吉備交通株式会社
  • 本社・松浜営業所
    • 岡山市南区松浜町15-16
株式会社大和交通
  • 本社
    • 岡山市南区松浜町15-10

沿革[編集]

出典[1][3]

  • 1969年(昭和44年)5月22日 - 株式会社大和交通を設立。
  • 1970年(昭和45年)4月18日 - 吉備交通株式会社を設立。
  • 1974年(昭和49年)10月19日 - 八晃運輸株式会社を設立(資本金3,000万円)。岡山県岡山市当新田443-1に本社を置く。
  • 1995年(平成7年)3月 - 本社を岡山県岡山市中区倉益363-2へ移転。
  • 2002年(平成14年)
    • 9月 - タクシー事業部平井営業所を開設、登録車両30台で営業開始(岡山市中区平井1097-18)
    • 12月 - タクシー事業部平井営業所、登録車両80台となる。
  • 2003年(平成15年)8月 - タクシー事業部平井営業所、登録車両100台となる。
  • 2005年(平成17年)
    • 7月 - タクシー事業部西営業所を開設、登録車両10台で営業開始(岡山市北区吉備津字飯山1951-1)。タクシー事業部平井営業所、登録車両150台となる。
  • 2009年(平成21年)
    • 12月 - タクシー事業部平井営業所、登録車両159台となる。タクシー事業部西営業所、登録車両78台となる。
  • 2012年(平成24年)7月 - バス事業部を開設、市内循環バス「めぐりん」を運行開始。専用車両7台で営業開始。
  • 2013年(平成25年)- 関連会社の吉備交通・大和交通とタクシー事業のブランドを「サンタクシー」へ統一。

車両[編集]

タクシー車両[編集]

タクシー車両はグループ共通で、小型車(5ナンバー)のトヨタ・コンフォートを保有する[5]

カラーリングは東京都グリーンキャブによく似たエメラルドグリーンで、チェッカー模様の帯をオレンジ色に変えている(グリーンキャブは灰色)。帯の下に同色のオレンジ色で「サンタクシー」のロゴが入り、屋根上に青色の「サンタクシー」の行灯を乗せる[5]

バス車両[編集]

バス車両は日野自動車製が主体で、日産ディーゼル製を少数保有している。

予備車として、富士重工8Eボディ架装の日産ディーゼル・RN(KK-RN252CSN)が1台在籍していた。なお富士重工製ボディのKK-RNは、この1台のみ製造されたものとなっている(他は西日本車体工業製ボディ)[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 会社概要 サンタクシーグループ
  2. ^ 会社概要 株式会社アウルホールディングス
  3. ^ a b c d 運輸事業部 株式会社アウルホールディングス
  4. ^ 事業領域別一覧”. アウルホールディングス. 2018年3月17日閲覧。
  5. ^ a b 車両・料金 サンタクシーグループ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]