清浦雷作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清浦 雷作(きようら らいさく、1911年12月5日 - 1998年8月18日)は日本の応用化学者、公害問題評論家[1]

1937年東京工業大学応用化学科卒業。同大学副手、助教授、教授を歴任した[2]

水俣病の原因について熊本大学医学部水俣病研究班が有機水銀説を発表した後、1959年8月末から水俣湾の水質を調査。同年11月11日、「水俣病が水銀をふくむ工場廃水によって起こるという結論は早計である」との報告書を通商産業省に提出した[3]1960年4月には、政府の研究連絡協議会で水俣病有機アミン説を発表した。アミン説発表により水俣病認定が15年遅れた。

1998年8月18日午後7時、消化管出血のため死去、86歳。

研究・著作[編集]

  • 京都帝国大学 工学博士論文 「酸化ヴアナヂウム触媒に関する研究」1942年[4]
  • 共著『工業化学計算 上巻』広川書店 1955年
  • 『工業廃水による水質汚濁とその対策』神奈川県商工部工務課 1960年
  • 共著『硫酸・硝酸・塩酸』日刊工業新聞社 1961年 (工業化学全書 第45)
  • 編著『公害と住民 : その現状と対策』新生活事業センター 1966年
  • 『公害への挑戦 : 一億人をむしばむ文明のガン』講談社 1966年 (ブルーバックス)
  • 『公害の経済衝撃』講談社 1971年
  • 『世界の環境汚染 : その実態と各国の対策』日本経済新聞社 1972年

脚注[編集]

  1. ^ CD人物レファレンス事典 日本編「清浦雷作【きようららいさく】」
  2. ^ 岡田大士, 「東京工業大学における戦後大学改革に関する歴史的研究」 東京工業大学 博士論文, 甲第6209号, 2005年, NAID 500000351703
  3. ^ 是枝裕和『雲は答えなかった 高級官僚 その生と死』PHP文庫 2014/3/5、pp.63-64
  4. ^ 京都帝国大学 博士論文, 報告番号不明 ,1942年, NAID 500000488066
[脚注の使い方]