深日海運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深日海運(ふけかいうん)は、かつて大阪府泉南郡岬町の深日港と淡路島洲本港間に航路を持っていた海運会社。

沿革[編集]

1972年関西汽船より、深日 - 洲本航路および客船たんしゅう丸を譲り受け、事業を開始した。

1980年代にはホバークラフトが就航し、1980年代~1990年代初頭には、ひかり1号、ひかり2号(1号と同型船)、ひかり3号が在籍していた。ひかりシリーズの水冷空調による冷房はしっとり心地よく船酔いし難いと評判であった。

その後、関西国際空港の開港にあわせ、1994年(平成6年)9月に社名をえあぽーとあわじあくあらいんに改め、航路も洲本港 - 関西国際空港 - 津名港を開設し、高速船3隻を投入した。

運航開始以降、終夜運航は実施せず、日を跨いで運行する便もなかった。

1997年平成9年)2月、経営悪化により廃業、深日-洲本航路はシャトルサービスに譲渡されたが、同社も明石海峡大橋開通後に高速バス路線の開設による旅客離れを食い止めることができず、また泉州和歌山県方面への旅客が減少したことから、1999年(平成11年)9月末で廃業した。

岬町は航路復活を目指しており、2016年3月27日神戸-関空ベイ・シャトルの予備船を使用して試験運航が行われた[1][2]

2017年6月25日から9月下旬まで「深日洲本ライナー」として社会実験運航を実施している。

航路[編集]

深日港は南海多奈川線深日港駅に隣接しており、1993年まで運行されていた南海本線難波駅 - 多奈川駅間を直通する淡路連絡急行淡路号に接続するダイヤが組まれていた。

船舶[編集]

波止浜造船今治工場建造、1967年竣工、1972年8月に関西汽船より購入
497総トン、垂線間長50.0m、幅8.6m、深さ3.6m、1,500馬力、航海速力15ノット、旅客定員1,000名
引退後はフィリピンへ売船、SAN JANとして就航。
  • くいーんあわじ
152総トン
  • ホブスター
イギリス製ホーバークラフト。
  • ひかり1号
1978年就航、三保造船所建造。「とらいでんとえーす」就航により1993年に引退。125総トン。
  • ひかり2号
1978年就航、三保造船所建造。「あるてみす」就航により1993年に引退。126総トン。
  • ひかり3号
1981年就航、三保造船所建造。「あぽろーん」就航により1994年に引退。
1992年9月就航、52総トン、定員68名、速力26、2ノット[3]くいーんあわじの代船。
石川島播磨重工業東京大学との共同研究で開発された超細長双胴船SSTH(Super Slender Twin Hull)の実験船。シップ・オブ・ザ・イヤー92を受賞した。
航路廃止後は、係船の後、内海フェリーへ売却され、サンオリーブシーに改名、2003年6月1日から高松 - 小豆島航路に就航している。
  • とらいでんとえーす
1993年9月28日竣工、11月10日就航、日立造船神奈川工場建造[4]
167総トン、全長31.5m、幅9.8m、深さ3.5m、喫水1.9m、ニイガタ16V16FX 2基、ウォータージェット2基、5,000馬力、最高速力38.3ノット、航海速力34.9ノット、旅客定員160名[4]
日立造船の開発した水中翼付双胴高速客船「SUPER JET-30」の1番船。ひかり1号の代船として就航。
航路廃止後は係船された後、ベリーズ船籍のTiger3となり、「あるてみす」「あぽろーん」とともに1999年2月23日に神戸港から船積みで中東へ輸出された[5]
  • あるてみす
1994年就航。ひかり2号の代船として就航。
「SUPER JET-30」の2番船。輸出時の船名はTiger2
  • あぽろーん
「SUPER JET-30」の3番船。輸出時の船名はTiger4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高速艇で行く春休みわくわく淡路島
  2. ^ 高速艇で行く春休みわくわく岬町
  3. ^ [1]
  4. ^ a b 世界の艦船(1993年12月号,p121)
  5. ^ 世界の艦船(1999年7月号,p118)

外部リンク[編集]