深山祐助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深山 祐助(みやま ゆうすけ、1945年昭和20年)7月29日[1] - )は、日本実業家不動産会社大手「株式会社レオパレス21」創業者。親族の創業した同業「株式会社MDI」で代表取締役会長を務めていた。レオパレス21代表取締役社長深山英世は、深山祐助の甥である。

略歴[編集]

長崎県壱岐市出身[2]1968年昭和43年)拓殖大学商学部貿易学科を卒業[3]1973年昭和48年)「株式会社ミヤマ」を設立。首都圏不動産仲介業を行っていたが、1985年敷金無料型賃貸マンションの「レオパレス21」事業を開始。バブル景気1989年平成元年)に社名を「株式会社エム・ディー・アイ(MDI)」に変更(Miyama Development Internationalの略)した。2000年(平成12年)再び社名を変更、賃貸マンションブランドと同じ「レオパレス21」にした。

2006年5月、レオパレス21社が入居者から徴収した手数料を売上げに計上せず過少計上し、この別管理の銀行口座から、創業者社長である深山祐助自身と、知人の企業に計47億円を貸付けていたことが発覚[4]。深山は6月1日、私的流用の責任を取り辞任した。後任の社長に、拓殖大学の後輩である副社長の大場富夫が就任した[5][6]

その後、深山祐助は「75歳になる(東京五輪開催の)2020年までは、自分のすべてを賭けて指揮を執る」[7]ことを目指し、親族と2008年創業した不動産会社「株式会社MDI」(レオパレス21の前身と同じ社名)の代表取締役会長を務めている。(現在は代表取締役会長職を辞任し、顧問に就任している。)

なお、深山は代表取締役会長を務めるMDI名義で2011年10月13日、母校の拓殖大学に多額の寄付を行い[8]2012年にも個人名で拓殖大学に多額の寄付を行っている[9]

関連項目[編集]

  • 深山将史 - 祐助の長男で、レオパレス21の取締役を2008年6月27日退任[10]。MDIを創業し、代表取締役社長を務めている(現在は代表取締役社長職を辞任し、会長に就任している)[11]
  • スマートデイズ - レオパレス21出身で、その後、MDIに入社した大地則幸が社長を務めた。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」や男性向けシェアハウス「ステップクラウド」のサブリースなどを展開したが2018年破産

脚注[編集]

  1. ^ 深山祐助のレオパレス21に係る変更報告書(大量保有)
  2. ^ 「東京雪洲会」創立90周年記念総会に出席して 「関西壱岐の会」 Homepage管理人 齋藤茂夫
  3. ^ 【ルネサンス事業】 高額寄付者 感謝状贈呈について  -株式会社 MDI 代表取締役会長 深山 祐助 様2011年平成23年)10月13日 拓殖大学
  4. ^ 産経新聞2006年5月17日朝刊 レオパレス社長が不適切融資 「自分」「知人」に48億
  5. ^ 産経新聞2006年5月24日朝刊 深山社長引責 後任に大場副社長 レオパレス21
  6. ^ 2006年一覧代表取締役の異動に関するお知らせ|レオパレス21
  7. ^ 代表取締役会長あいさつ|メッセージ|MDI中途採用サイト
  8. ^ 【ルネサンス事業】 高額寄付者 感謝状贈呈について  -株式会社 MDI 代表取締役会長 深山 祐助 様-拓殖大学
  9. ^ 【ルネサンス事業】 高額寄付者 感謝状贈呈について -深山 祐助 様2012年06月18日 拓殖大学
  10. ^ 産経新聞2008年平成20年)6月3日朝刊 人事 レオパレス21
  11. ^ 窮地のMDIとSB系列の「オヨ」が資本提携

外部リンク[編集]