深作秀春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

深作 秀春(ふかさく ひではる、1953年 - )は、眼科医美術家である。現在、医療法人社団秀仁会 深作眼科理事長をしている。日本美術家連盟会員。医療法人社団秀仁会 深作眼科の一部を画廊としてアーティストに提供し、FEI PRINT AWARD 大賞を開催するなどメセナ活動をしている。

略歴[編集]

[1] [2]

主な賞歴[編集]

[3]

  • 1990年 - 米国眼科学会にて最高賞受賞
  • 1992年 - 世界眼科学会でグランプリ受賞
  • 2008年 - 国際眼科学会で最高賞等19回受賞
  • 2010年 - 第77回独立展に初出品、初入選(2010~)、サロン・ナショナル・デ・ボザール入選/パリ・ルーブル美術館開催
  • 2016年 - 米国白内障屈折矯正手術学会にて最高賞受賞20回目の受賞となり、世界最多受賞回数を更新
  • 2016年 - 第1回枕崎国際芸術賞展にて市長奨励賞受賞
  • 2016年 - 日本の絵画2016入選 

主な著作[編集]

[4]

  • 2015年 - 「眼脳芸術論」刊行(生活の友社)
  • 2016年 - 深作秀春画文集刊行(求龍堂)
  • 2016年 - 「やってはいけない目の治療」刊行(角川書店)
  • 2016年 - 「視力を失わない生き方」 刊行(光文社新書)

テレビ出演[編集]

[5]

  • 2017年 - TBSテレビ「この差って何ですか?」11月7日(火)

所属委員[編集]

  • アメリカ・アカデミー眼科学会(AAO)アチーブメントオーナー会員、
  • アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)評議委員・学術審査委員・常任事・眼科殿堂選考委員、
  • ヨーロッパ眼科学会(SOE,ESCRS)コース指導教授、
  • ヨーロッパ網膜硝子体手術学会(ERVS)、
  • 南アフリカ白内障屈折矯正手術学会(SASCRS)名誉終生会員
  • 国際屈折矯正手術学会(ISRS)評議委員、
  • ASCRSジャーナル「アイ・ワールド」論説委員、
  • ベストドクターズ、メディカルアドバイザリー・ボード、
  • ヨーロッパ硝子体手術専門医
  • 日本眼科学会専門医、
  • 日本東洋医学会専門医、
  • 漢方専門医、
  • 欧州硝子体網膜手術専門医

脚注[編集]

外部リンク[編集]