浪本勝年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浪本 勝年(なみもと かつとし、1942年9月9日 - )は、日本の教育学者立正大学心理学部臨床心理学科元教授。専門は教育法学教育行政学教育基本法教科書裁判の研究。

日本教育政策学会では、会長(2005年7月~2011年7月/第5~6期)を務めた経験があり、現在は関東地方区理事を担当している[1]

略歴[編集]

岡山県倉敷市出身、岡山県立倉敷青陵高等学校卒業、1966年東京大学教育学部教育行政学科卒業、同大学院教育学研究科博士後期課程(教育行政科専攻)満期退学。大学院時代は宗像誠也に師事。1975年立正大学文学部講師、78年助教授、84年教授、立正大学心理学部教授となり、2013年3月退職[2]。その間、ロンドン大学特別研究員など。日本教育政策学会会長。専攻は教育法、教育政策、教師教育。

所属学会[編集]

  • 日本教育政策学会(関東地方区理事)
  • 日本教師教育学会(理事)

著書[編集]

  • 『教育政策と教育の自由』成文堂 1972
  • 『国民の教育権の生成と展開』成文堂 1976
  • 『現代日本の教育と法』成文堂 1979
  • 『子どもの人権と教科書』北樹出版 1982
  • 『教育内容行政の限界 教科書検定と学習指導要領』北樹出版 1984
  • 『教師と教育改革 臨教審の教員政策批判』エイデル研究所 1985
  • 『現代教育政策の展開と動向 臨教審と教育改革の課題』学陽書房 1987
  • 『現代の教師と学校教育』北樹出版 1991
  • 『戦後教育改革の精神と現実』北樹出版 1993

共編著[編集]

  • 『検定とのたたかい 教科書裁判における「家永三郎証言」』山住正己共編著 総合図書 1969
  • 『史料道徳教育の研究』岩本俊郎,田沼朗,志村欣一共編 北樹出版 1982
  • 『教科書制度改革への提言』大槻健永井憲一共著 教科書検定訴訟を支援する全国連絡会教科書制度検討委員会編 あずみの書房 あずみのフォーラム 1989
  • 『ハンディ教育六法』再改訂版 志村欣一,中谷彪共編 北樹出版 1997
  • 『世界が報じた家永教科書裁判』荒牧重人,教科書裁判国際委員会共編 エイデル研究所 1998
  • 『現代の教育を考える』中谷彪共編著 北樹出版 1999
  • 『教育基本法を考える その本質と現代的意義』中谷彪共編著 北樹出版 2000
  • 『教育判例ガイド』岩崎政孝,船木正文,箱田英子,吉岡睦子共著 有斐閣 2001
  • 『現代の教師を考える』中谷彪共編著 北樹出版 2001
  • 『現代の学校経営を考える』中谷彪共編著 北樹出版 2002
  • 『今、なぜ変える教育基本法Q&A』堀尾輝久,石山久男共編著 大月書店 2003
  • 『教育実習を考える』岩本俊郎共編著 北樹出版 2003
  • 『現代教育用語辞典』中谷彪共編 北樹出版 2003
  • 『現代の幼児教育を考える』伊藤良高,中谷彪共編著 北樹出版 2003
  • 『資料生活指導を考える』岩本俊郎共編 北樹出版 2005
  • 『資料特別活動を考える』岩本俊郎共編 北樹出版 2005
  • 『ハンディ教育六法 2005年版』伊藤良高,志村欣一,中田康彦,中谷彪,廣田健,山口拓史,佐伯知美共編 北樹出版 2005
  • 『教育裁判証言・意見書集』編著 北樹出版 2006
  • 『史料・道徳教育を考える』岩本俊郎,佐伯知美, 岩本俊一共編 北樹出版 2006
  • 『「改正」教育基本法を考える 逐条解説』三上昭彦共編著 北樹出版 2007
  • 『現代日本の教育を考える 理念と現実』岩本俊郎共編著 北樹出版 2007
  • 『神保・宮台(激)トーク・オン・デマンド6 教育をめぐる虚構と真実』神保哲生,宮台真司,藤原和博,藤田英典,寺脇研,内藤朝雄,鈴木寛共著 春秋社 2008
  • 『現代日本の教師を考える』岩本俊郎共編著 北樹出版 2008
  • 『ハンディ教育六法 2008年版』伊藤良高,志村欣一,中田康彦,廣田健,佐伯知美,石本祐二共編 北樹出版 2008
  • 『新教育実習を考える』岩本俊郎,大津悦夫共編著 北樹出版 2012
  • 『ハンディ教育六法 2012年版』伊藤良高, 廣田健,石本祐二,白川優治共編 北樹出版 2012
  • 『ハンディ教育六法 2013年版』伊藤良高,廣田健,石本祐二,白川優治,海老沢隼悟共編 北樹出版 2013
  • 『教育の法と制度』編 学文社 教師教育テキストシリーズ 2014

脚注[編集]

  1. ^ 「日本教育政策学会の20年」編集委員会 (2013年7月10日). “『日本教育政策学会の20年』 (PDF)”. 日本教育政策学会. 2013年10月14日閲覧。この他、書籍版も刊行されている。
  2. ^ 2013年1月23日に退職者記念講演会が行われた。立正大学. “『平成24年度 事業報告書』 (PDF)”. 学校法人立正大学学園. 2013年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]