浅野造船所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野造船所(あさのぞうせんじょ)は、かつて横浜市にあった民間造船所1995年に浅野ドックは閉鎖され、工場はユニバーサル造船京浜事業所に集約された。

概要[編集]

セメント会社で財をなした浅野総一郎は、1896年(明治29年)7月東洋汽船を起こし海運業に進出した。海運業の経営には造船所との密接な関係が不可欠と感じた浅野は、自前の造船所の建設を計画した。第一次世界大戦での造船業の活況によって造船所を含む工業地帯建設のための埋め立てが認可され、現在の川崎市から横浜市鶴見区の沖合が埋め立てられた。そして、1916年(大正5年)に横浜造船(直後に浅野造船所と改称)を鶴見の地に設立した。

戦時の好況により船台6基を有する造船所へと短期間で成長したが、戦争終了後の造船不況にさらされ、その後の建造は小型船舶が中心となった。1926年(大正15年)には、造船所創設の目的だった東洋汽船が、旅客船部門を日本郵船に譲渡するなど海運事業を縮小している。昭和10年代に入って造船が好況を取り戻す中、1935年(昭和10年)に同じ浅野財閥系の日之出汽船(現:NYKバルク・プロジェクト貨物輸送)のため長尺物運搬用日之出型貨物船「八幡丸」を建造し、他社建造の派生型も含め60隻以上量産の成功作となった[1]。しかし、会社の中心業務は造船から製鉄に移っており、1936年(昭和11年)に社名を鶴見製鉄造船と改めた。1940年(昭和15年)には立地も生い立ちも近い日本鋼管と合併し、造船所名は日本鋼管鶴見造船所となった。

日本鋼管となってからの艦艇建造は、太平洋戦争中に小型の海防艦を大量に建造している。戦後は海上自衛隊向けの掃海艇を毎年コンスタントに建造した。また南極観測船ふじ」「しらせ(初代)」もこの造船所の建造である。

平成の造船再編によって日本鋼管と日立造船の船舶・海洋部門が統合してユニバーサル造船が誕生、鶴見造船所はユニバーサル造船京浜事業所と名称を変えている。

沿革[編集]

  • 1916年(大正5年)4月 -(株)横浜造船所創立
    • 同年7月 - 造船所建設着手
    • 同年12月 - (株)浅野造船所に改称
  • 1917年(大正6年)2月 - 第1船起工
    • 6月 - 浅野合資会社に製鉄部を新設
  • 1918年(大正7年)4月 - 浅野合資会社製鉄部を(株)浅野製鉄所として独立
  • 1920年(大正9年)3月 - 浅野造船所は浅野製鉄所を合併
  • 1921年(大正10年)11月 - 航空母艦「鳳翔」進水
  • 1923年(大正12年) - ドック開設
  • 1936年(昭和11年)11月 - (株)浅野造船所を鶴見製鉄造船(株)と改称
  • 1940年(昭和15年)10月 - 日本鋼管は鶴見製鉄造船を合併、日本鋼管鶴見造船所となる。
  • 1995年(平成7年) - 浅野ドック閉鎖。跡地はコットンハーバー地区として再開発される。
  • 2002年(平成14年)10月1日 - 日本鋼管と日立造船は船舶・海洋部門を統合、ユニバーサル造船京浜事業所となる

製品[編集]

浅野造船所[編集]

  • 白鹿丸型貨物船:8150総トンの浅野造船所初めての大型貨物船。同型船9隻建造。
  • 第一吉田丸型貨物船:浅野造船所B型とも呼ばれた第一次世界大戦期の5400総トン級貨物船。同型船24隻建造。
  • 総洋丸:同社初のディーゼル貨物船。船名は浅野総一郎の「総」に由来。同型で子の浅野良三に由来の「良洋丸」は川崎造船所製。
  • 日之出型貨物船:八幡丸型、豊国丸型、五十鈴丸型などを日本鋼管時代に渡り建造。
  • 航空母艦「鳳翔」(船体のみ)
  • 昭和橋 (相模川):昭和6年製作、現存。
  • 鶴見臨港鉄道モハ100形(モハ109・モハ110のみ):昭和5年製作。幾多の形式変更と譲渡を経てモハ109は最終的には静岡鉄道クモハ20となり、2007年(平成19年)に解体処分された[2]

日本鋼管鶴見造船所[編集]

ユニバーサル造船京浜事業所[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩重(2011年)、45頁。
  2. ^ クモハ20号解体のお知らせ” (2007年3月7日). 2015年8月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日本鋼管株式会社七十年史編纂委員会 『日本鋼管株式会社七十年史』 日本鋼管、1982年
  • 岩重多四郎 『戦時輸送船ビジュアルガイド2―日の丸船隊ギャラリー』 大日本絵画、2011年

関連項目[編集]