浅田晃彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅田 晃彦(あさだ てるひこ、1915年大正4年)8月11日 - 1996年平成8年)7月31日)は、日本の小説家医学者群馬県出身。

経歴[編集]

  • 前橋中学校(現・群馬県立前橋高等学校)から慶應義塾大学医学部に進む
  • 1951年、「作家」同人
  • 1968年、江戸時代の和算家をモチーフにした「乾坤独算民」が第60回直木賞候補作にノミネートされたが受賞を逸した
  • 医師として横川鉄道診療所所長を務めた

主な作品[編集]

  • 「坂口安吾桐生日記」
  • 「上州任侠大前田英五郎の生涯」
  • 「帝王切開事始」
  • 「乾坤独算民」
  • 「児島高徳と新田一族」