浅井真紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅井 真紀(あさい まさき、1973年1月7日 - )は、日本のフィギュア原型師大阪府出身。ワンダーフェスティバルのアマチュアディーラー大手の『F-Face』主宰でもある。

来歴[編集]

ファンタシースターオンライン』のレイキャシールを、カラーレジンキャストを用いたフル可動ガレージキットとしては驚異的な低価格[1]でイベント販売したことから広く認知されるようになる。

現在は多くのホビーメーカーを通じて様々なフル可動フィギュアを世に送り出している。その作品はロボットから女性フィギュア、ディフォルメキャラクターまで多彩。またパラベラムb3という独自の汎用ボールジョイントを開発するなど、可動に対するこだわりはかなり強い。

エピソード[編集]

若い原型師が不足しつつある日本の模型業界において最も精力的に活動している一人であるが、同時に人当たりがよく非常に礼儀正しい人間性から本人に対する人気も高い。自サイトでは製品のアフターフォロー(製品版になった際の問題点の補修、リペイントや、組み立て方のサポート等)を行う事もある。

島本和彦のマンガ『ガレキの翔』に登場するキャラクター、浅井パテモリのモデルでもある。

代表作[編集]

※個人製作の版権作品は除く。

参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 4000円~5000円程度。アマチュアが製作する関節の動かない無塗装(レジンキャストの地の色一色。たいてい白かグレー)ガレージキットであっても、通常6~8000円、高いもので数万円と非常に高額になる。

外部リンク[編集]