洪儀線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
洪儀線
DPRK-Hongui Line.png
基本情報
起点 洪儀駅
終点 赤池駅
駅数 2
路線諸元
路線距離 9.5 km
軌間 1435mmおよび1524mm (四線軌条[1][2])
線路数 単線
電化方式 直流3000V
テンプレートを表示
洪儀線
各種表記
ハングル 홍의선
漢字 洪儀線
発音 ホンウィソン
日本語読み: こうぎせん
英語 Hongui Line
テンプレートを表示

洪儀線(ホンウィせん)は、朝鮮民主主義人民共和国羅先特別市先鋒郡にある洪儀駅から赤池駅までを結ぶ鉄道路線である。

概要[編集]

北朝鮮からロシアへ向かう連絡ルートを形成している。

駅一覧[編集]

駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km) 接続路線
日本語 朝鮮語 英語
洪儀駅 홍의역 Hong'ŭi 0.0 0.0 北朝鮮鉄道省咸北線
赤池駅 적지역 Chŏkji     北朝鮮鉄道省:豆満江線

脚注[編集]

  1. ^ 2013年9月22日に四線軌条化された。
  2. ^ 西村大輔 (2013年9月23日). “ロ朝鉄道 思惑乗せ走る”. 朝日新聞(朝刊): p. 3面 


参考資料[編集]

関連項目[編集]