津田紘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津田 紘(つだ ひろし、1945年(昭和20年)2月5日 - )は、日本自動車技術者実業家スズキ株式会社代表取締役社長を務めた。学位は室蘭工業大学工学博士

人物・経歴[編集]

北海道出身。北海道札幌南高等学校を経て、1967年室蘭工業大学工学部産業機械工学科卒業。1969年北海道大学大学院工学研究科衛生工学専攻修了、鈴木自動車工業(のちのスズキ)入社。2003年から代表取締役社長を務めた[1]。2006年室蘭工業大学博士(工学)の学位を取得。博士論文は「自動車用高強度鋼板の溶接継手における疲労強度および衝撃変形強度に関する研究」[2]。2008年健康上の理由により代表取締役社長を退任し、相談役に退いた[1][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 室蘭工業大学同窓会 主催室蘭工業大学 キャリア・サポート・センター共催室蘭工業大学同窓会 主催
  2. ^ 室蘭工業大学 , 博士 (工学) , 乙第57号 , 2006-03-23
  3. ^ スズキ、津田紘氏が社長を辞任、鈴木修氏が会長兼社長へ日経Automotive Technology
先代:
戸田昌男
スズキ社長
2003年 - 2008年
次代:
鈴木修