洗濯ばさみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木製の洗濯ばさみ
ひもに留めている木製の洗濯ばさみ
物干しひもに留めている木製の洗濯ばさみ
プラスチック製の洗濯ばさみ

洗濯ばさみ(せんたくばさみ、洗濯挟み)とは洗濯物や布団などを干す場合に落下しないよう挟んでとめる留め具[1]レバーを押さえることによって留め具の部分が開き、手を離すと固定される仕組みとなっている。 洗濯物を乾燥させるためにひもや物干しざおなどにかけるとき、かけた洗濯物を落ちないように固定するために使われ、様々なデザインや色彩のものがある。 英語では、"Clothespin"や"C47"、"Clothes peg"、あるいは単純に"Peg"などと呼ばれる。

ヨーロッパでは、質感が重視され、今も製やステンレス製のものが好まれ、それらが主流である。

日本では昭和初期は木製や薄いアルミ製のものが多かった。アルミ製のものは長年使うことができた。高度成長期になると(洗濯ばさみに限らず、たいていのものが大量生産優先で、安価で安っぽいプラスチック製のものが増え)、洗濯バサミもプラスチック製が増え、2つのプラスチック部位をねじりコイルばねで組み合わせたものがほとんどとなった。なお、ばねの形状がCの字型の物は機械による量産が困難で、一つ一つ手作業で作られていた。だが、プラスチックの安っぽさを嫌う女性や、プラスチック製は(屋内ならばさほど問題は無いが)屋外で日光にさらされると数カ月~1年弱ほどで劣化してしまい割れてしまったり、おまけに割れる以前から劣化で視覚的にも非常にみすぼらしくなることもあり、それらの欠点を嫌う女性も多いので、平成ころからは質感が良く西洋風の雰囲気が漂う木製やステンレス製のものが見直され、それらの販売割合が増えている。女性が好むおしゃれな洋風生活雑貨を扱う店では輸入の木製の洗濯ばさみが置かれ、生活用品にもこだわる多くの女性によって好んで購入され[2]、近年ではダイソーなどの百均でもプラスチック製と並びステンレス製も販売されている。

布団など大型のものを固定する場合には、通常の洗濯ばさみでは固定できないので、「布団ばさみ[1]」など専用の留め具を用いる。

洗濯以外での用途[編集]

  • 洗濯ばさみはそのスプリングの効果によって、子供達の興味をそそる対象にもなっており、様々な自由工作の材料として用いられる。ルーブ・ゴールドバーグの作り出した多種多様な機械はもちろんのこと、パチンコ鼠捕りピストル雷管など工夫と工作の発想を刺激させられる。
  • 模型工作の過程で接着剤の乾燥を待つ間、部品を固定しておくために使われる。
  • 若草物語では、四女のエイミーが低い鼻を気にして、矯正するために洗濯ばさみで鼻をはさんで寝ていたというエピソードが出てくる。
  • テレビバラエティ番組ではゲームなどの罰ゲームとして、洗濯ばさみで顔を挟む(あるいは挟んだまま引っ張って外し、痛覚を刺激する)ことがある。実際の痛み以上に見た目の愉快さを求めて行われる。
  • 写真フィルムを手作業で現像する際、現像液にさらしたフィルムや印画紙を乾燥する過程で吊るしておく際に使われる。
  • 金属製の洗濯ばさみを蚊取り線香の任意の場所に挟んでおくことで、自動的に途中で消火させることができる(樹脂製や木製の洗濯ばさみでは火災の恐れがあり危険)。
  • 開封したスナック菓子海苔などの袋の口を一時的に閉じておくために使われる。
  • 洗濯ばさみに物を書いた札をつければ、付箋のようにメモをつける用途にも使える。1998年エイプリルフールには、ジョークRFCとしてRFC2322(洗濯ばさみによるDHCP)が発表された。

出典[編集]

  1. ^ a b 意匠分類定義カード(C3) 特許庁
  2. ^ イケアでも基本的に、木製の洗濯ばさみが販売され、プラスチック製は販売されていない。

外部リンク[編集]