池田邦吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 邦吉(いけだ くによし、1947年2月6日 - )は、日本のミシェル・ノストラダムス師の予言集解釈者、元建築士フランスの予言者ノストラダムス予言を信じる立場での解釈本を何冊も出している人物である。

関英男の主宰した「加速学園」のメンバーでもあり、幹部的な役割を担っていた。超能力者を自称しており、ヒーラーとしても活躍している。近年はヒーリングに関した著書が多い。

経歴[編集]

東京都出身。東京工業大学工学部建築学科卒業。複数の建築設計事務所や建築関係の企業社団法人等の勤務を経て、一級建築士事務所アーキコスモを設立。ツーバイフォー建築のパイオニア的存在として普及に尽力した。建築関係の著書に「図解ツーバイフォー建築の実務」がある。

しかし、設計図面の書き過ぎによる過労のため、腕を痛め設計図面を書き続けることができなくなり、ノストラダムス解釈に専念するため、1996年に会社を解散した。その後は「ノストラダムス研究所」(詳細は不明)を設立し、所長となっている。

ノストラダムスの予言集解釈[編集]

来日したミシェル・ショマラノストラダムス協会会長)から贈られたノストラダムスの『予言集』の復刻版を使って解釈を行い、自説の正しさを強調していた(ショマラは信奉者ではなく、池田の解釈を支持していたわけでもない)。1995年以降、次々と著書を刊行し、「ビートたけしのTVタックル」などにも出演した。

1995年に刊行した『ノストラダムスの預言書解読I』の公称発行部数は7万部[1]

池田の解釈によると、有名な『百詩篇集』第10巻72番の詩の冒頭の「1999年、7か月」は黄道十二星座で7番目の星座、天秤座の時期(9月23日から10月23日)のことであるとされ、他の詩と読み合わせることで、1999年9月27日ベスビオ火山が噴火する予言としていたが、実際には該当日の噴火はなかった[2]

1999年には結局何も起こらず、ノストラダムスの予言解釈本の出版が激減する中、池田は2000年以降も継続してノストラダムス解釈本を刊行していた。

その他エピソード[編集]

超能力者としてのエピソードとして、東京工業大学在学中、講義を受講中、周りの別の教室の講義も同時に聞こえてしまい、大変であったことを著書の中で語っている。

同じく東京工業大学出身の関英男の主宰した「加速学園」では、晩年関の体調が優れない時期、ヒーリングを施していたことも著作内で語られている。加速学園では、関が亡くなるまで参加し続け最後を看取った。

著書[編集]

  • 『図解ツーバイフォー建築の実務』(オーム社、1987年12月)
  • 『ヨーロッパ大崩壊 ノストラダムスの預言書』(ういずゆう、1995年2月)
  • 『未来からの警告―ノストラダムスの預言書』(成星出版、1995年11月)
  • 『ノストラダムスの預言書解読I 宇宙からの警告篇』(成星出版、1996年10月)
  • 『ノストラダムスの預言書解読II ノアの方舟篇』(成星出版、1997年8月)
  • 『ノストラダムスの預言書解読III セザールへの手紙篇』(成星出版、1998年4月)
  • 『ノストラダムスの預言書解読IV 1999年前篇』(成星出版、1998年9月)
  • 『ノストラダムスの預言書解読V 1999年七の月篇』(成星出版、1998年10月)
  • 『ノストラダムスの預言書解読VI 1999年後篇』(成星出版、1998年12月)
  • 『ノストラダムスの預言書解読VII アンゴルモアの大王篇』(成星出版、1999年6月)
  • 『ノストラダムス研究』(成星出版、2000年7月)
  • 『21ノストラダムスNO.1』(明窓出版、2003年6月)
  • 『21ノストラダムスNO.2』(明窓出版、2003年9月)
  • 『21ノストラダムスNO.3』(明窓出版、2003年12月)
  • 『あしたの世界』(船井幸雄共著、明窓出版、2004年3月)
  • 『あしたの世界〈パート2〉関英男博士と洗心』(船井幸雄監修、明窓出版、2004年7月)
  • 『あしたの世界〈パート3〉「洗心」―アセンションに備えて』(明窓出版、2005年2月)
  • 『あしたの世界〈パート4〉意識エネルギー編』(明窓出版、2006年4月)
  • 『21ノストラダムスNO.4』(明窓出版、2006年12月)
  • 『21ノストラダムスNO.5』(明窓出版、2007年9月)
  • 『光のシャワー ヒーリングの扉を開く―バーバラ・アン・ブレナン博士に出会って』(明窓出版、2008年10月)
  • 『神様がいるぞ!』(明窓出版、2012年6月)
  • 『神様がいるぞ! 続 』(明窓出版、2013年4月)
  • 『神様といっしょ : 神々のヒーリング』(明窓出版、2014年11月)
  • 『神々の癒やし』(明窓出版、2015年12月)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本誌独自調査 予言書ベストセラーランキング これが最も売れている予言書トップ30(ホームページ版オリジナル) - 日経エンタテインメント!ウェブサイト(インターネットアーカイブのミラー)
  2. ^ 1999年10月17日にベスビオ火山から350km離れたエトナ火山が噴火したが、エトナ火山はその前後にも頻繁に噴火している