池田恒利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
池田恒利
Ikeda Tsunetoshi.jpg
池田恒利像(林原美術館蔵)
時代 戦国時代
生誕 生年不詳
死没 天文7年3月29日[1]1538年4月28日
改名 恒利→宗傅(法名)
戒名 養源院殿心光宗傅大居士
墓所 龍徳寺
官位 紀伊
主君 足利義晴織田信秀
氏族 滝川氏池田氏
父母 父:滝川貞勝、養父:池田政秀
正室:養徳院(池田政秀娘)
恒興

池田 恒利(いけだ つねとし)は、戦国時代武将池田恒興の父。

生涯[ソースを編集]

滝川貞勝の三男(または次男)。初め足利義晴に仕えたが、享禄年間(1528年から1531年)に辞して、尾張国に閑居したと云う。剃髪して宗傅(そうでん)。

池田政秀には娘(養徳院)がいたが男子が無かったため、恒利が婿養子として迎えられた[2][3]

天文5年(1536年)、恒利と養徳院との間に嫡男の恒興(信輝)が生まれている[2][3]

宗傅は長く病床にあり、恒興が3歳の天文7年(1538年)3月29日[1]に死去したと伝わる[2]が、没年は天文17年(1548年)という異説もある[4]

墓所は岐阜県揖斐郡本郷村(現:池田町)の龍徳寺で、一時所在不明だったが文政4年(1821年)に再発見されて、現在も恒興の墓および稲葉氏一族の墓に隣接して存在する。位牌所は京都妙心寺塔頭盛岳院(現:慈雲院)。

跡は嫡男の恒興が継ぎ、養徳院はその後に織田信秀側室となった。また養徳院は滝川一益森寺秀勝[5]の推挙で信秀の嫡男・吉法師(信長)の乳母となって養育に当たったために、池田家はやがて重用されていく事になった[6][2][3]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 蔵知矩 1934, p.3
  2. ^ a b c d 岡田正人 1999, p.183
  3. ^ a b c 岡田正人 1999, p.402
  4. ^ 阿部猛『戦国人名事典』P817
  5. ^ 恒興の養育者となった人物。
  6. ^ 岡田正人 1999, p.145

参考文献[ソースを編集]