池田光夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 光夫(いけだ みつお、1927年 - 2002年6月13日)は、日本のバンドネオン奏者。タンゴ楽団『池田光夫とロス・アミーゴス』代表

略歴[編集]

1927年に生まれる。東京都荒川区育ち。若いころより、ギターピアノを演奏していた。1948年より、バンドネオンを演奏するようになる。

1950年より、プロのバンドネオン奏者として活動を始める。オルケスタ・ティピカNHKの指揮者となる。『早川真平とオルケスタ・ティピカ東京』にも参加する[1]1974年に『池田光夫とロス・アミーゴス』を結成する[2]1985年には、アルゼンチンのホセ・コランジェロ楽団との共演を行い文化庁芸術祭賞を受賞する[2]2001年頃まで、活躍している[3]。『日本のバンドネオン奏者第一人者』と紹介されることもある[1]

ポップスでも大瀧詠一の「それはぼくぢゃないよ」や「タマゴのタンゴ」(旭化成CMソング)やNOKKOの「CRYING ON MAONDAY」(「人魚」のカップリング曲)等に参加している。

2002年6月13日に死去する。

CD[編集]

  • 華麗なるタンゴ(1996年)

脚注[編集]