池田仲誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 仲誠(いけだ なかのぶ、1882年明治15年)10月27日[1] - 1972年昭和47年)4月1日[1])は、旧因幡国鹿奴藩(鳥取東館新田藩)池田家第12代当主、華族子爵

経歴[編集]

池田源の三男として生まれる[1][2]。父の死去に伴い、1903年12月25日、子爵を襲爵した[3]。関東女学校弓術教師を務めた[2]

栄典[編集]

家系[編集]

  • 父:池田源
  • 妻:松平妙子(松平直方娘)
  • 長女:良子(1908年 - 1994年、吉川義徳室)
  • 次女:寿栄子(1911年 - 1975年、黒崎義平室)
  • 長男:池田仲恵(1912年 - 1994年) 
  • 次男:池田仲明(1913年 - )
  • 三男:池田仲親(1914年 - 2007年、13代当主) 
  • 三女:誠子(関義寿室)
  • 四女:和子(1918年 - )
  • 四男:池田仲貴(1922年 - ) 
  • 五女:弘子(1923年 - 、谷口八郎室)
  • 五男:関仲滋(関義寿養子)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、101-102頁。
  2. ^ a b 『人事興信録』第14版 上、イ119頁。
  3. ^ 『官報』第6147号、明治36年12月26日。
  4. ^ 『官報』第5800号「叙任及辞令」1902年11月1日。
  5. ^ 『官報』第7313号「叙任及辞令」1907年11月12日。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
池田源
子爵
鹿奴池田家第2代
1903年 - 1947年
次代:
華族制度廃止