池田仲親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 仲親(いけだ なかちか、1914年 - 2007年)は、旧因幡国鹿奴藩(鳥取東館新田藩)池田家第13代当主。陸軍大尉。子爵池田仲誠の子。

エピソード[編集]

仲親は生前、本家の墓所に合祀することを希望していた。2007年2月に亡くなった(享年92)が、仲親の希望はその年の3月に実現し、鳥取藩主池田家の分家・東館(ひがしやかた)池田家の墓(東京都)は、大雲院(鳥取市立川町)にある本家の墓所に移設された。関係者は「ご先祖様が同じ墓に入ることになって良かった」と話している。また同院では2010年5月15日に慰霊法要が営まれた。

家系[編集]

  • 父:池田仲誠
  • 妻:小池節子(1925年 - 、小池清一の娘)
  • 長女:友紀子(1949年 - 、斉田穂積の妻)
  • 次女:真基子(1951年 - 、渋谷俊郎の妻)
  • 三女:祐理子(1952年 - 、高杉春治の妻、春治は高杉晋作と同族)