江島其磧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江島 其磧(えじま きせき、寛文6年(1666年) - 享保20年6月1日1735年7月20日))は、浮世草子作者。京の大仏餅屋・村瀬正孝の子で名は権之丞、通称:庄左衛門。

元禄期には浄瑠璃を書いていたが、役者評判記、そして元禄14年(1701年)から浮世草子を書き始めた。宝永期まで、板元の八文字屋自笑の代作者だったが、宝永7年(1710年)頃から不和となり、享保3年(1718年)に和解したのち、江島其磧の名で執筆を始める。70以上の浮世草子を書き、最も売れた浮世草子作者であった。三味線物や気質物の分野を作った。自笑の作品とあわせて「八文字屋本」と呼ばれる。

主な著書[編集]

役者評判記[編集]

浮世草子[編集]

  • けいせい色三味線(1701年)
  • 世間子息気質(1715年
  • 世間娘気質
  • 傾城色三味線
  • 風流曲三味線
  • 浮世親仁形気
  • けいせい伝受紙子
  • 魂胆色遊懐男(熊倉隆敏の漫画『もっけ』にこの主人公・豆右衛門が登場)