武藤一羊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武藤 一羊(むとう いちよう、1931年9月14日 - )は、日本の社会運動家ニューヨーク州立大学教授を務めた[1]

人物[編集]

1931年9月14日東京生まれ。父は、元判事明治学院大学院長だった武藤富男である。1952年東京大学文学部を退学となる[1]

その後、原水爆禁止日本協議会国際部に勤務、1965年ベトナムに平和を!市民連合に参加し、注目される。1973年アジア太平洋資料センターの設立に参加する[1]1996年まで、アジア太平洋資料センターの代表を務める[1]1998年ピープルズ・プラン研究所を設立する[1]

1983年から2000年にかけて、ニューヨーク州立大学ビンガムトン分校の社会学教授となっていた[1]

著書[編集]

  • 『主体と戦線 反戦と革命への試論』合同出版 1967年
  • 『フランス五月の教訓 (70年シリーズ 統一新聞社, 1969
  • 『支配的構造の批判』筑摩書房 1970年
  • 『根拠地と文化 第三世界との合流を求めて』田畑書店 1975年
  • 『日本国家の仮面をはがす アジア民衆の文脈のなかで』社会評論社、1984年
  • 『政治的想像力の復権』御茶の水書房 1988年
  • 『ヴィジョンと現実 グローバル民主主義への架橋』インパクト出版会 1998年
  • 『〈戦後日本国家〉という問題> この蛹からどんな蛾が飛び立つのか』れんが書房新社 1999年
  • 『帝国の支配/民衆の連合 グローバル化時代の戦争と平和』社会評論社 2003年2月 ISBN 978-4-7845-1426-7
  • 『アメリカ帝国主義と日本戦後国家の解体』社会評論社 2006年11月21日 ISBN 978-4-7845-1459-5
  • 『潜在的核保有と戦後国家』社会評論社 2011年10月30日 ISBN 978-4-7845-1483-0
  • 『戦後レジームと憲法平和主義―“帝国継承”の柱に斧を』れんが書房新社 2016年4月1日 ISBN-13: 978-4846204204


編纂[編集]

  • 『現代革命の思想 第8 学生運動』編 筑摩書房, 1969
  • 『新左翼とはなにか 革命主体の形成』編. 自由国民社, 1970

翻訳[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]