武田圭史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
武田 圭史
(たけだ けいじ)
生誕 1970年
日本の旗 日本 兵庫県
教育 防衛大学校理工学部電気工学科
慶應義塾大学大学院
政策・メディア研究科

武田 圭史(たけだ けいじ、1970年 - )は、日本情報工学者慶應義塾大学環境情報学部教授。専門分野はドローン[1]、ITマネジメント、情報倫理。

人物[編集]

自衛隊時代には、防衛庁航空自衛隊において、航空警戒管制組織および新レーダーシステムの運用や、同庁内に向けた情報システムの企画・開発などに従事[2]していた。最終的な階級は一等空尉。 情報セキュリティ黎明期より研究に携わっている。特に侵入検知システムにおいては、日本で最初に侵入検知の研究を始め、世界で初めての正規表現方式を用いた侵入検知システムの開発を行っていた(博士学位論文"Network intrusion detection by traffic monitoring"参照)。 また、情報セキュリティの推進にも貢献しており、積極的な活動を行っている。代表的なものとして、経済産業省の実施する情報セキュリティ対策強化キャンペーン「CHECK PC !」の監修や、日立ソリューションズによる「セキュリティいろはかるた」の監修[3]が挙げられる。 また、カーネギーメロン大学による同日本校の立ち上げや、NPO法人日本ネットワークセキュリティ協会による産学情報セキュリティ人材育成検討会への有識者としての参加[4]など、様々な方面で情報セキュリティ人材の育成に携わっている。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『ネットワーク侵入検知–不正侵入の検出と対策』 ソフトバンククリエイティブ ISBN 479731253X 2000年
  • 『Java使いの友–Javaプログラミング・ハンドブック』 ソフトバンククリエイティブ ISBN 4797301856 1997年
  • 『Java使いへの道–Javaプログラミング・ハンドブック』 ソフトバンククリエイティブ ISBN 4890528954 1996年
  • 『セキュリティいろはかるた』 翔泳社 ASIN B001NK7QTY 2008年、監訳
  • 『ネットワーク侵入解析ガイド - 侵入検知のためのトラフィック解析法』 ピアソンエデュケーション ISBN 4894714507 2001年、監訳

脚注[編集]

  1. ^ テクノプロ・デザイン社、慶應義塾大学との共同研究を開始 ~ドローン関連技術、情報セキュリティなどの分野で技術力を強化~
  2. ^ 武田教授の情報セキュリティ課外授業 日立ソリューションズの情報セキュリティブログ
  3. ^ セキュリティいろはかるた
  4. ^ NPO日本ネットワークセキュリティ協会

外部リンク[編集]