橋元淳一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋元 淳一郎(はしもと じゅんいちろう、1947年3月1日 - )は、日本SF作家科学評論家、物理教育者。東進ハイスクール講師。相愛大学人文学部教授。「物理はイメージ」を口癖にしており、独特のイメージ図法を用いた講義を行う。日本SF作家クラブ会員・日本文藝家協会会員・ハードSF研究所所員・日本時間学会会員。

経歴[編集]

大阪府出身。1969年京都大学理学部物理学科卒業、1971年京都大学大学院理学研究科修士課程物理専攻(物理第二教室宇宙線研究室赤外線グループ)修了。

研数学館講師。1994年相愛大学人文学部日本文化学科助教授1997年同教授、2000年同大人文学部現代社会学科教授(改組)、2004年東進ハイスクール講師(物理)、2008年同大人文学部社会デザイン学科教授(改組)、2011年同大人文学部日本文化学科教授(改組)。また京都大学研究科横断型教育プログラム「科学と産業の歴史から見たキャリアパス」で「SF作家から見たキャリアパス」としてゲスト講師を務める。

著書[編集]

大学受験参考書[編集]

  • 『橋元流解法の大原則』(学習研究社、1992年 / 改訂版、2000年 / 新課程版、2004年)
  • 『橋元流解法の大原則 2』(学習研究社、1994年 / 改訂版、2000年 / 新課程版、2004年)
  • 『橋元の理系物理1B・2 頻出問題解法』(学習研究社、1997年)
  • 『橋元式問題集 1 力学電磁気 頻出問題の解き方』(学習研究社、2003年)
  • 『橋元式問題集 2 熱力学波動原子物理 頻出問題の解き方』(学習研究社、2003年)
  • 大学入試センター試験物理1B』(語学春秋社、1997年)
  • 『きめる! センター物理1B』(学習研究社、1998年 / 改訂版、2005年)
  • 『きめる! センター物理1B 演習編』(学習研究社、2000年)
  • 『だれも教えてくれない橋元先生のみんなの物理』(学習研究社、2001年)
  • 『物理「橋元流」の秘密』(学習研究社、2004年)
  • 『橋元の物理1Bをはじめからていねいに 力学編』(ナガセ、2000年 / 改訂版、2004年)
  • 『橋元の物理1Bをはじめからていねいに ・波動・電気編』(ナガセ、2001年 / 改訂版、2004年)

大学生用参考書[編集]

  • 単位が取れる力学ノート』(講談社、2002 年)
  • 『単位が取れる電磁気学ノート』(講談社、2003年)
  • 『単位が取れる量子力学ノート』(講談社、2004年)
  • 『単位が取れる熱力学ノート』(講談社、2005年)
  • 『単位が取れる物理数学ノート』(講談社、2006年)
  • 『単位が取れる解析力学ノート』(講談社、2009年)

一般書(物理学入門書)[編集]

科学評論[編集]

  • シュレディンガーの猫は元気か ― サイエンス・コラム175』(早川書房、ハヤカワ文庫NF、1994年)
  • 『われ思うゆえに思考実験あり ― 最新科学理論がもたらす究極の知的冒険』(早川書房、2000年)
    • 改題・文庫化『0と1から意識は生まれるか ― 意識・時間・実在をめぐるハッシー式思考実験』(ハヤカワ文庫NF、2009年)
  • カメレオンは大海を渡る ― サイエンス・コラム110』(早川書房、ハヤカワ文庫NF、2003年)
  • 『人類の長い午後 ― ミレニアム・クロニクル未来史の冒険「西暦3000年の世界」』(現代書林、1999年)

SF小説[編集]

  • 「神の仕掛けた玩具」『S-Fマガジン・セレクション 1990』(早川書房、1991年
  • 「エルティブーラの黙示録」 日本文芸家協会 『短篇ベストコレクション 2000』(徳間書店2000年
  • 『神の仕掛けた玩具』(講談社、2006年
  • 「A氏の特別な1日」「人工知能の心」『人工知能の見る夢は AIショートショート集』(文春文庫2017年5月)

外部リンク[編集]