横山泰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横山 泰子(よこやま やすこ、1965年 - )は、日本日本文学研究者、日本近世文化学者、法政大学教授。 東京都生まれ。1988年国際基督教大学卒。1994年、同大学院比較文化研究科博士課程修了、「江戸東京怪談文化の成立と変遷 -19世紀を中心に」により博士(学術)[1]1998年、博士論文をもとにした著作『江戸東京の怪談文化の成立と変遷 一九世紀を中心に』で日本古典文学会賞受賞。2001年、法政大学理工学部助教授、のち教授

著書[編集]

共編[編集]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]