樋口基康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
樋口基康
時代 江戸時代中期
生誕 宝永3年7月11日1706年8月18日
死没 安永9年6月27日1780年7月28日
別名 号:観無量寿院
官位 正二位権大納言
主君 桃園天皇後桜町天皇後桃園天皇
氏族 樋口家
父母 父:樋口康熙、母:家女房
兄弟 康輝基康
正室:松平頼豊の娘
冬康日野西延光石井行宣石井行弘、信子、藤子など
テンプレートを表示

樋口 基康(ひぐち もとやす)は、江戸時代中期の公卿樋口康熙の次男。号は観無量寿院。官位正二位権大納言樋口家4代当主。昭和天皇の高祖母(信子)の父である。

経歴[編集]

樋口康熙の次男として誕生。母は家女房。

宝永2年(1705年)に異母兄の康輝が夭折していたため、その後生まれた庶子の基康が樋口家を継いだ。宝暦10年(1760年)に参議安永4年(1778年)に権大納言となった。

安永9年(1780年)薨去。享年75。

系譜[編集]

参考文献[編集]

先代:
樋口康熙
樋口家当主
4代
次代:
樋口冬康