楽巌寺雅方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
楽巌寺雅方
時代 戦国時代
別名 宗栄
主君 望月氏
氏族 楽巌寺氏
テンプレートを表示

楽巌寺 雅方(がくがんじ まさかた)は、戦国時代武将望月氏の家臣。

略歴[編集]

信濃国国人・望月氏の被官[1]

甲陽軍鑑』によれば、天文17年(1548年)2月14日に甲斐武田氏と信濃小県郡村上義清との間で行われた上田原の戦いで村上方の先鋒を務めたという[1]。『甲陽軍鑑』によれば、天文23年(1554年)に越後国長尾氏上杉氏)への内通嫌疑により飯富昌景(山県昌景)により成敗されたとされるが、これは誤りであることが指摘される[1]。その後、武田氏に従属し、弘治4年(1558年)3月7日に望月信雅釈尊寺長野県小諸市)を再興した際の棟札に「宗栄楽厳寺」の名が見られる[1]

釈尊寺・観音堂

永禄10年(1567年)8月7日には武田氏に対する忠節を誓う下之郷起請文生島足島神社に奉納し、雅方は譜代家老・金丸昌続(土屋昌続)に起請文を提出している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 丸島和洋 「楽巌寺雅方」、柴辻俊六; 平山優; 黒田基樹 他編 『武田氏家臣団人名辞典』 東京堂出版、2015年、242頁。