楠目橙黄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楠目橙黄子(くすめ とうこうし、1889年明治22年)5月4日 - 1940年昭和15年)5月8日)は俳人

高知県高知市生まれ。本名は省介。 間組に勤め、1936年朝鮮支店長。 1909年ごろより句作。「ホトトギス」に投句。句集に『橙圃』(とうほ)。 高浜虚子の朝鮮旅行、熊野旅行に同道した。 「京城日報」俳壇の選者も務めた。

代表句「焚火人面罵に耐えてゐたりけり」。

参考文献[編集]

  • 現代俳句大事典、三省堂