椎名長常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

椎名 長常(しいな ながつね、生没年不詳)は、戦国時代武将越中国人で新川郡又守護代。弾正左衛門尉。

長常は大永から弘治年間の椎名氏当主である。長常の前後に椎名氏の当主であった椎名慶胤椎名康胤との続柄は不明確だが、一説には慶胤の兄弟で康胤の叔父にあたると考えられている。尚、諱の「長」の字は当初主君であった畠山尚長から偏諱を賜ったものとみられる。

これより前、慶胤は畠山氏からの独立を図った永正17年(1520年)の神保慶宗の乱に加担して敗北し、椎名氏は越後長尾為景に服属していた。椎名氏はこれにより新川郡守護代職を長尾氏に奪われたが、長常は為景から越中新川郡の統治を任された。為景の死後、後ろ盾を失った長常の勢力は衰退し、越中大乱神保長職(慶宗の後継者)と争い没落した。

長常の没年は不詳だが、まもなくして康胤が椎名氏の家督を継ぐこととなり、能登畠山氏や、為景の子である上杉謙信という後ろ盾を得ながら、長職と抗争していくこととなる。