植竹拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うえたけ ひろむ
植竹 拓
プロフィール
別名 HIROMU、ピロム
愛称 ピロム
生年月日 1978年8月20日
現年齢 40歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県八潮市[1]
血液型 A型[1]
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 166 cm / 66 kg
BMI 24
活動
デビュー 1997年
モデル: テンプレート - カテゴリ

植竹 拓(うえたけ ひろむ、1978年8月20日[1] - )は、日本ファッションデザイナークリエイティブ・ディレクター)であり、DJである。愛称はピロム。雑誌『Men's egg』(大洋図書)にて創刊号から活躍した読者モデルでもあった。TWIN PLANET ENTERTAINMENTと業務提携を行っている。

埼玉県八潮市出身[1]聖進学院卒業[1]。身長166cm[要出典]

人物・来歴[編集]

1996年主婦の友社の女性向けストリートファッション誌『Cawaii』10月号にて読者モデルとしてデビュー。

1997年、大洋図書の女性向けカルチャーファッション誌『egg』にてデビュー。当時「スーパー高校生」として一躍有名になる。「ギャル男」と言われた第一人者。

1998年、元日に放送された生放送お正月番組「高校生文化祭グランプリ」(テレビ朝日)にて、幕張メッセ和太鼓を披露。番組準グランプリ受賞。のちに編集されたドキュメント番組では視聴率20%を越えた[要出典]主婦の友社から創刊された『BOY'S RUSH』月刊化、表紙を飾る。雑誌『egg』にて「年間男性モデル人気NO.1」に選ばれる[要出典]

1999年、大洋図書の男性向けストリートファッション誌『Men's egg』が創刊され、創刊時から2008年までの約10年間、読者モデルとして活動。当時のギャル男必須アイテムであった「カラーパンツ」などを流行らせた[要出典]。渋谷Club PYLONにてDJデビュー。

2000年、横浜Club FireレギュラーDJに抜擢。

2001年、Club Furaにて「TOKYO RAVE」レギュラーDJに抜擢。

2002年、「TOKYO RAVE」PsychedelicフロアーレジデントDJ抜擢。『Men's egg』主催のクラブイベント「Men's egg Night」が開始され、DJを務める。

2003年ビクターより初の単独名義「DJ HIROMU」でCDリリース。アパレルブランドPEACE ON MARSを設立。Club Furaからclub Atomへ移籍。

2004年、FARM-RECORDSより『SHIBUYA PSYCHEDELIC STYLE』略して『SPS』を「DJ HIROMU」名義でリリース。

2005年、FARM-RECORDSより『SPS-2』をリリース。当時のPsychedelic CDが国内の売上げがトップに[要出典]。独立起業し、有限会社ワントップを立ち上げる。

2006年、アパレルブランド「KILLER TREASURE」(※現在「KT NANAI」)設立。FARM-RECORDSより『SPS-3』をリリース。

2007年、FARM-RECORDSよりBEST版『SPS BEST』リリース。同年10月にClub atom「TOKYO RAVE」にてDJ引退。

2008年、第101号にて『Men's egg』を引退。アパレルブランドGOOD OR EVIL(有限会社ワントップ)を設立。

2009年、アパレルブランド☆GOE☆(有限会社ワントップ)を設立。

2011年、Club ELFにて、イベント「P-STYLE」開始。平日木曜日にも関わらず300名以上を集客[要出典]

2012年、Club SHIBUYA axxcisにて、イベント「HapPy Style」開始。柄入りコンタクトレンズGARACONをリリース。新しいカルチャーとして『THE JAPAN TIME'S』の一面を飾る[要出典]

2013年、有限会社ワントップが倒産[2]。同年10月、自身の半生を描いた書籍『渋谷(ピロム)と呼ばれた男 ギャル男の終焉〜』出版し[3]、芸能人評伝1位獲得[要出典]。同年12月4日に配信アルバム『渋谷 Party Mix Mixed by DJ PIROMU』をリリースし、「i Tunesダンスアルバムチャート」にて1位獲得[要出典]

2014年、渋谷カルチャーに影響を与えて来た雑誌が、数々休刊[要検証]。その都度[いつ?]「伝説のギャル男」として、検索急上昇ワードに登場。更にBlogからコメントを発信し、YahooのTOPニュースのTOPを飾った[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e HIROMUのプロフィール|Ameba (アメーバ)
  2. ^ 平成25年(フ)第7736号 官報「2013-08-02」日発行 官報掲載場所「本紙(6101号)」の「16ページ」目
  3. ^ 『渋谷(ピロム)と呼ばれた男 〜ギャル男の終焉〜』 鉄人社 ISBN 978-4-9046-7688-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]