森長隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
森長隆
Mori Bōmaru.jpg
森坊丸(『魁題百撰相』月岡芳年画)
時代 安土桃山時代
生誕 永禄9年(1566年
死没 天正10年6月2日1582年6月21日
別名 坊丸
戒名 祐月宗徳居士、夏山清凉信士
墓所 阿弥陀寺可成寺大徳寺
主君 織田信長
氏族 森氏
父母 父:森可成
兄弟 可隆長可成利長隆長氏忠政

森 長隆(もり ながたか、永禄9年(1566年) - 天正10年6月2日1582年6月21日))は、織田信長小姓の一人。森可成の四男で、森長可森成利(森乱、森蘭丸)らの弟。森長氏(力丸)らの兄に当たる。幼名・通称は坊丸(ぼうまる)。

略歴[編集]

信長の小姓の一人で、1582年の本能寺の変に際し、信長に最後まで付き従って本能寺で戦死した(『信長公記』)。享年17。

法号:祐月宗徳居士、夏山清凉信士[1]。墓所:阿弥陀寺、可成寺(岐阜県可児市)。

登場する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 可成寺

関連項目[編集]