森裕司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森 裕司
生誕 (1953-11-21) 1953年11月21日
高知県
死没 (2014-09-17) 2014年9月17日(60歳没)
東京都文京区
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 動物行動医学神経行動科学
研究機関 大学院農学生命科学研究科
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝

森 裕司(もり ゆうじ、1953年(昭和28年)11月21日 - 2014年(平成26年)9月17日)は、日本の動物行動学者。高知県出身。東京大学大学院農学生命科学研究科教授。

経歴[編集]

高知県高知市生まれ。

東京大学農学部を卒業後、同大大学院博士課程、東京農工大学助教授などを経て、東京大学大学院農学生命科学研究科教授となった。

2014年9月17日午後3時24分、閉塞性細気管支炎のため東京都文京区の病院で死去[1]。60歳没。

学歴[編集]

  • 1972年 土佐高等学校卒業
  • 1977年 東京大学農学部畜産獣医学科卒業
  • 1979年 東京大学大学院修士課程修了
  • 1982年 東京大学大学院博士課程修了

職歴[編集]

  • 1982年 東京農工大学農学部獣医学科 助手
  • 1983年 オーストラリアモナッシュ大学 訪問研究員
  • 1987年 東京農工大学農学部獣医学科 助教授
  • 1991年 東京大学農学部獣医学科 助教授
  • 1997年 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医動物行動学研究室 教授
  • 2003年-2008年 基礎生物学研究所行動生物学研究部門 教授(併任)

主な活動[編集]

学会[編集]

  • 1995年 日本繁殖生物学会 理事
  • 1995年 ヒトと動物の関係学会 編集委員長・副会長
  • 1997年 日本繁殖生物学会 編集委員長・常任理事
  • 2000年 日本生殖内分泌学会 理事
  • 2003年 日本比較内分泌学会 幹事
  • 2004年 日本獣医学会 編集委員長・常任理事
  • 2004年 日本獣医学会 理事

学内委員[編集]

  • 2000年 広報委員会 室長
  • 2001年 総長補佐会 総長補佐
  • 2002年 全学広報委員会 委員長
  • 2004年 応用動物科学専攻 専攻長
  • 2008年 応用動物科学専攻 専攻主任
  • 2008年 農学生命科学研究科国際委員会 委員長
  • 2009年 教育研究評議会 評議員
  • 2009年 農学生命科学研究科・農学部 副研究科長・副学部長
  • 2009年 研究科教育会議 議長

学外委員[編集]

  • 2003年 基礎生物学研究所 客員教授
  • 2005年 日本動物保護管理協会 副会長
  • 2006年 日本学術会議 連携会員
  • 2007年 動物愛護社会化推進協会 理事

学外での活動[編集]

著書[編集]

  • 時間生物学ハンドブック(朝倉書店、1991)
  • 脳と生殖(学会出版センター、1998)
  • 動物看護のための動物行動学(ファームプレス、2004)

脚注[編集]

  1. ^ 森裕司氏死去(東京大大学院農学生命科学研究科教授・獣医動物行動学) 時事ドットコム 2014年9月18日

外部リンク[編集]