森忠貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 忠貫(もり ただつら、文化13年閏8月13日1816年10月4日) - 文政10年5月28日1827年6月22日))は、江戸時代後期の播磨国赤穂藩の実質的な第10代藩主だった人物である。赤穂藩森家実質16代。

文化13年(1816年)閏8月13日、第9代藩主・森忠敬の長男として生まれる。幼名は勝蔵。父が文政7年(1824年)6月4日に死去したため、8月5日に家督を継いだ。文政9年(1826年)4月19日に江戸本所の御蔵火番に任じられた。

文政10年(1827年)5月28日に死去した。享年12。戒名は顕良院殿鶴山伯一童子。墓所は東京都港区東麻生の瑠璃光寺。

忠貫には継嗣が無く、改易や減封を恐れた藩では、弟の忠徳を身代わりにして立て、忠貫没後の6月に家督を継がせたとある。このため、忠貫は歴代藩主として数えられず、後に忠貫が忠徳と改名したとされているため、第10代藩主の忠貫と忠徳は同一人物とされている(森家譜より)。

関連項目[編集]