森川清治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森川 清治郎[1](もりかわ せいじろう、文久1年(1861年) - 1902年4月7日)は、日本の警察官(下級官吏)。「義愛公」の名で知られ、台湾において土地神として崇められている。俗称「日本王爺」。

生前[編集]

1861年、現・神奈川県横浜市の農家の息子として生を受けた(「日本義愛公会」によれば、山梨出身)。日本にて警察官(刑務所獄吏としての記録しか残っていない)としての業務をこなしていたが、日清戦争後の1897年台湾が日本の統治下になったのをきっかけに渡台し、台南県下の大坵田西堡副瀨庄(現 嘉義県東石郷副瀬村)の派出所勤務となった。劣悪な治安情勢の中、粉骨砕身の思いで任務を続ける傍ら、寺子屋を開き、日本より教科書を取り寄せて住民に読み書きを指導した。こうしたことから、近隣住民からは「大人」と慕われるようになった。また、衛生教育にも熱心であった。

1901年台湾総督府が漁業税を新たに制定、漁業中心の貧しい暮らしをしていた副瀬村は立ち行かなくなり、税の減免を森川へ嘆願した。これを聞いた森川は村民の意向を聞き入れ、嘉義庁東石港支庁へ赴き、減税を求めたが、当時の支庁長は、住民を扇動し、謀反を起こそうとしているとして要請を跳ね除けた上、森川を訓戒処分に処し徴税を重ねて命じた。この件がきっかけとなり、森川は1902年4月7日、所持していた村田銃の引き金に足の指をかけて頭部を打ち抜き自殺した。

死後(義愛公)[編集]

森川の死後の1923年、副瀬村近隣にコレラ脳炎などの伝染病が流行した。当時保正(村長)であった李九は、夢枕に森川が警察官の服装で現れ、「環境衛生に心がけ、飲食に注意し、生水、生ものを口にせぬこと」というお告げの内容を村民に告げた。村民がこれを守ったところ、伝染病の流行をまぬがれることができた。生前の森川が衛生に特に熱心であった影響と思われる。

そして「義愛公」(ぎあいこう)の尊称をつけられた森川の御神体が造られ、長く愛されるようになった。

21世紀現在、森川家は絶えてしまい、日本からは姻戚の兜木家の者がたまに参拝しているが、地元での信仰は篤く、分霊も行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 清次郎とも。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]