森元村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森 元村(もり もとむら、生年不詳 - 文禄3年(1594年6月)は、戦国時代から安土桃山時代阿波国武将三好家家臣。通称は志摩守、筑後守。号は九華。

父は佐田九郎左衛門土佐泊城主。子に森村春、森村吉がいる。

生涯[編集]

はじめ名東郡黒田村にいたが後に板野郡土佐泊に移住した。天文年間に土佐泊城を築城。讃岐に攻められたが撃退し、その後、讃岐に攻め込み反撃したことで武将の名を挙げた。

天文8年(1539年)に細川晴元河野氏と戦い、海賊衆を率いてこれに参戦した。文禄3年(1594年)に病のため没した。

関連項目[編集]