土佐泊城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
土佐泊城
徳島県
城郭構造 平山城
築城主 森元村
築城年 天文年間1532年 - 1555年
主な城主 森元村森村春
廃城年 1586年天正14年)
遺構 曲輪
指定文化財 市史跡
位置 北緯34度11分17.3秒 東経134度37分25.4秒 / 北緯34.188139度 東経134.623722度 / 34.188139; 134.623722
地図
土佐泊城の位置(徳島県内)
土佐泊城
土佐泊城

土佐泊城(とさどまりじょう)は、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦大毛島にあった日本の城。鳴門市指定史跡。

天文年間1532年 - 1555年)に、名東郡黒田村から板野郡土佐泊(現鳴門市)に移った森元村によって築城された[1]。土佐泊城は紀伊水道瀬戸内海の入口を抑える要衝だった[1]。森氏は強大な水軍を持っており、細川氏三好氏蜂須賀氏の歴代阿波領主から重用された[1]1582年土佐長宗我部元親が侵攻した際は、阿波讃岐の殆どの城が長宗我部方に落ちた中で、落城せず持ちこたえた[1]。森氏は阿波に入部した蜂須賀家政から福井庄など3026石を拝領し、1586年天正14年)椿泊に移った[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日本城郭大系 第15巻』1979年、pp.182f

関連項目[編集]