梅原司平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅原 司平(うめはら しへい、1946年 - )は、富山県出身のシンガーソングライターである。妻の父は作家の岩倉政治。一部の子供達からは、「やっさん」の名前で親しまれている。

来歴[編集]

1946年富山県生まれ。富山労音で、フォークソングに目覚め、その後、1971年より歌声喫茶経営のかたわら、音楽活動を開始。1975年全国シャンソンコンクール決勝進出。1979年モーリスフォークコンテスト入賞、CBSソニーオーディション関東・甲信越代表。1980年念願の全国デビューを果たすが、メジャーとはほど遠く、その後、うたごえ運動傘下の音楽事務所である音楽センターに所属。同事務所の方針により、全国各地でのうたごえ運動に根ざした音楽活動を続け、同社でアルバムやソングブックなどを多数制作。後、独立して、自らのオフィス「プラナ・ミュージック」を設立。

1999年朝日新聞「この人が読みたい」に紹介され注目を集める。また2003年にはNHKラジオ深夜便「こころの時代」出演が話題を呼ぶ(2004年アンコール放送)。NHKサービスセンターよりCD『生命の讃歌よ こころに響け』発売。2008年6月キングレコードより再デビューアルバム『愛あればこそ』発売。

主な楽曲[編集]

アルバム[編集]

  • 君の人生に乾杯(1985年)ファーストアルバム
  • 愛あればこそ(キングレコード)
  • モンゴルの風
  • 生命の花
  • 愛ある街で
  • 哀しみのフリージア
  • 風の詩-メモリーズ-
  • 時代の中で

書籍[編集]

  • もっと人間!もっと愛!
  •  あなたがいたから
  •  売れない歌手でよかった

脚注[編集]

  1. ^ 愛と優しさの“鎮魂歌”62歳・梅原司平「折り鶴」、ZAKZAK、2008年8月15日。

外部リンク[編集]