桑野良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桑野 良一(くわの りょういち、1969年12月11日 - )は、日本化学者博士(工学)京都大学大学院工学研究科合成生物化学専攻 助手を経て、2007年現在は九州大学大学院理学研究院化学部門教授2006年に有機合成化学奨励賞を受賞。受賞理由は「光学活性含窒素複素環化合物の触媒的不斉合成」である。また2009年2月にはThieme Chemistry Journals Award を受賞している。

略歴[編集]

業績[編集]

トランスキレート配位子を用いた遷移金属触媒による芳香族化合物不斉水素化を精力的に研究。京都大学時代にインドールの不斉水素化を発表し、その後様々な研究者により芳香族化合物の不斉水素化の研究が行われている。また、辻・トロスト反応を応用したベンジルエステル化合物のベンジル位置換反応の開発の研究も行っている。

その他[編集]

有機金属化学の研究の他にも伝統芸能についても造詣が深く、九州大学の伝統芸である「よかちん」の保全活動も行っている。

外部リンク[編集]