桃田健史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桃田 健史(ももた けんじ、1962年8月4日 - )は、日本の元レーシングドライバー自動車評論家横浜市出身。東海大学工学部動力機械工学科卒業。

プロフィール[編集]

1985年に大学を卒業。同年に全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦し、記念すべきJTCの第1戦目となる同年6月のスポーツランドSUGOでのレースでは星野薫とのコンビで総合優勝を飾った。なおこのときはなぜか「桃田健司」の名前でエントリーしている[1]

その後、渡米してNASCARパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムフォーミュラ・アトランティックに出場。1992年にはヒロ松下と共にインディ500にも参戦するが、予選中のクラッシュにより予選不通過に終わる。

その後は米国でのレーシングドライバーとしての経験を生かし、北米を拠点に自動車業界・モータースポーツジャーナリストとして活動を続けている。2004年には日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員になったこともあるが、1年で委員から退いた。

最近は日テレG+のNASCAR中継に解説者として登場するケースが多い。

レース戦績[編集]

  • 1985年
    • 全日本ツーリングカー選手権(TRAMPIO LEVIN #11)
  • 1992年
    • インディアナポリス500マイルレース(CAPCOM/TEAMKAR #88 ローラT9100・シボレー)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]