柴田方庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柴田 方庵(しばた ほうあん、寛政12年(1800年)-安政3年10月8日1856年11月5日))は、江戸時代蘭学者医師。方庵は号、本名は昌敦、字は谷王。日本で初めて牛痘接種を行った1人として、またビスケットゆかりの人物として知られている。

経歴[編集]

常陸国多賀郡会瀬村(現在の茨城県日立市)に柴田伝左衛門昌俊の次男として生まれる。14歳の時江戸に出て、儒学者であり養父が医師でもある朝川善庵儒学と医学を師事する。

その後、天保2年(1831年)には長崎に出て、シーボルトの門人たちやオランダ軍医オットー・モーニッケに最新の西洋医学を学び開業。郷里の常陸国に戻ることなく長崎に没した。

牛痘[編集]

日本で最初の牛痘の接種を行ったのは、オランダ軍医オットー・モーニッケであり、嘉永2年(1849年鍋島藩医、楢林宗建の子などに接種した。モーニッケは阿蘭陀通詞会所に伝習所兼種痘所を置き、吉雄圭斎と柴田方庵を実地に指導し牛痘接種を行わせた。その後、方庵は各地で牛痘の接種を行い、普及に尽力している。

ビスケット[編集]

柴田方庵は、安政元年(1854年)に郷里の水戸藩の役人萩信之助から兵糧になる西洋の保存食として「パン・ビスコイト製造」を習得し報告するよう依頼を受け、オランダ人からビスケットの製法を学んだ。安政2年(1855年)にその製法書を送ったと方庵の日記に記されている2月28日を、社団法人全国ビスケット協会では「ビスケットの日」と定めている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]