柏秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柏 秀樹(かしわ ひでき、1954年2月24日 - )は、日本のモータージャーナリスト、ライディングスクール校長。

人物[編集]

山口県岩国市出身。大学院生(商学研究課博士課程)の時、作家片岡義男とバイクサウンドを収録したLPレコード「W1ツーリング~風を切り裂きバイクは走る~」を共同製作。大学院修了後、フリーランスのモータージャーナリストとなる。その後は現在まで、世界一過酷な「ダカールラリー」に4回参戦した他、さまざまなラリーレイドに参戦しながらモーターサイクルを中心とする雑誌・新聞への寄稿や、単行本執筆・講演活動などを行なっている。 2003年にRAS:ライディング・アート・スクールを開校。2009年には名称と講習内容をリニューアルしたKRS「柏秀樹ライディングスクール」を開校。「笑顔で、いつまでも安全に楽しく走り続けよう!」をスローガンにした安全運転ライディングの指導を,関東を中心に全国で行なっている[1]

来歴[編集]

1979年バイクサウンドLP「W1ツーリング」製作以来、バイク専門誌等の雑誌へ執筆を継続中

  • 1984年 全日本MXにA級ライダーのメカ&マネージャーとして参戦
  • 1987年 「鈴鹿8耐」でFM実況中継レース解説担当
  • 1987年 東京FM「片岡義男の気まぐれ飛行船」に8回出演
  • 1988年 東京12チャンネルTV「インカラリー」にゲストとして出演
  • 1989年 NHK BSチャンネル「マン島TTレース」に解説者として出演
  • 1989年 NHK「南米ラリー紀行」に出演
  • 1994年 中国新聞「素晴らしいバイクワールド」50回連載
  • 1994年 毎日新聞「バイクおもしろ講座」11年間連載
  • 2002年 ハーレーダビッドソン・ジャパンのオフィシャルビデオにてライディングテクニック解説
  • 2002年 ビューエルのオフィシャルクラブ「BRAG」にて、日本初の「ラーニング・カーブ」のインストラクター
  • 2003年 ライディング・アート・スクール開校
  • 2005年 2008年まで日本二輪車協会「バイクライフTV」でメインキャスト&バイク運転講師担当
  • 2007年 NHKラジオにて90分生出演
  • 2009年 KRS(柏秀樹ライディングスクール)開校
  • 2011年 (社)日本自動車工業会「二輪車の利用環境デザイン」~都市交通の主力モビリティをめざして~調査検討委員会委員
  • 2011年 (財)駐車場整備推進機構「自動二輪車標準マーク」制定と運営マニュアル制定委員
  • 2012年 ハーレーダビッドソン公式安全講習HOGレッスン関東・関西講師
  • 2013年 経産省主催:第1回「バイク・ラブ・フォーラム」(会場:鈴鹿サーキット)パネリスト
  • 2013年 日本二輪車普及安全協会:関東二輪車協会主催の運転講習3年連続講師
  • 2015年 経産省主催:第3回「バイク・ラブ・フォーラム」(会場:熊本)講演

その他 ◎1991年以降ホンダ本社主催「バイクフォーラム」の企画&司会(93年よりレギュラー)30回担当 ◎ホンダ(栃木研究所、朝霞研究所など)での安全に関する講演3回 ◎ヤマハ営業マン向け講演5回、販売店向け講演、ヤマハファン向け講演など10回以上 ◎神奈川県立高校・静岡県立高校・茨城県立高校など20校以上で生徒・PTAへの安全に関する講演 ◎神奈川県警職員に向けての講演 ◎東京都大田区職員600名×2回の講演 ◎東京都文京区本富士警察主催の交通安全スクールのチーフとして12年間活動  ◎二輪車安全振興会の講師として関東ほか全国へ講師として活動  ●全国各地の「バイク販売店のプロに向けての講演および実技」講習中   

著作[編集]

書籍[編集]

  • 『大型中型小型図解2輪免許の取り方』 (1982年、交通タイムス社)
  • 『ライダーズマニュアル』 (1982年、GP企画センター)
  • 『ライダーズマニュアル改訂版』 (1983年、GP企画センター)
  • 『レーサー気分でハングオン スズキRG250Γ』 (1984年、山海堂)
  • 『ホンダVT250F-マイバイクエンジョイマニュアル』 (1984年、山海堂)
  • 『ヤマハTZR250―マイバイクエンジョイマニュアル』 (1985年、山海堂)
  • 『Challenge鈴鹿’84』 (1984年、角川書店)
  • 『250c.c. いま、クォーターバイクが最高!!』 (1985年、池田書店)
  • 『バイクツーリング 旅ゆくライダーの必携マニュアル』 (1986年、池田書店)
  • 『ホンダモーターサイクルのすべて』 (1986年、池田書店)
  • 『スズキモーターサイクルのすべて』 (1987年、池田書店)
  • 『ヤマハモーターサイクルのすべて』 (1987年、池田書店 )
  • 『カワサキモーターサイクルのすべて』 (1987年、池田書店)
  • 『ビッグバイクセレナーデ』 (1989年、主婦の友社:日本初のCD付きブック)
  • 『レーサーレプリカテクニック』 (1989年、講談社)
  • 『バイク海外ラリー大百科 いつかパリ・ダカ』 (1990年、勁文社)
  • 『ライダーズバイブル』 (1995年、PHP研究所)
  • 『ホンダメモリーズ50 モーターサイクル編 1948‐1998』 (1998年、立風書房)
  • 『柏秀樹の転んではいけない』 (2010年、モーターマガジン社)
  • 「カタログコレクション日本のオートバイ」(双葉社:片岡義男共同編集)
  • 「カタログコレクション日本のオートバイ増補改訂版」(同上)
  • 「カタログコレクション日本のオートバイ・パート2」(同上)
  • 「カタログコレクション世界のオートバイ」(同上)
  • 「カタログコレクション日本のスポーツカー」(同上:1985年)
  • 「ホンダCB750フォア」全80巻監修(2012年、デ・アゴスティーニ)
  • 「スズキGSX-1300Rハヤブサ」全80巻監修(2013年、デ・アゴスティーニ)
  • 「これだけ バイク!」(2016年、秀和システム)


●LPレコード:絶版(構成・企画・著作・編集・ライダー&ドライバー) *「W1ツーリング」 〜風を切り裂きバイクは走る〜(1979年、日本コロムビア) *「グッドタイムスツーリングXS-1」 (1980年、日本コロムビア) *「単車!」〜ワインディングロードのヒーロー達〜(1980年、日本コロムビア) *「80年全日本モトクロスin鈴鹿」(1981年、日本コロムビア) *「わが青春の名車たちパート1」(1982年、日本コロムビア) *「わが青春の名車たちパート2」(1982年、日本コロムビア) *「汚れた英雄」:サントラ盤(東芝EMI) *「白バイ野郎ジョン&パンチ」(RCAビクター:Z1000Pにて走行)


●CD:絶版 *上記「W1&XS-1」 リミックス復刻版(日本コロムビア) *上記「ワインディングロードのヒーロー達」(日本コロムビア) *上記「わが青春の名車たち」パート1・パート2:復刻版(日本コロムビア)

DVD[編集]

  • 『ビッグマシンを自在に操る』 (2003年〜、内外出版社)
  • 『ビッグマシンを自在に操る2』 (2005年〜、内外出版社)
  • 『ビッグマシンを自在に操る:脱ビギナー編』 (2010年〜、内外出版社)
  • 『ビッグマシンを自在に操る・柏 秀樹の超実践トレーニングツアー』 (2010年〜、内外出版社)
  • 『ビッグマシンを自在に操る5』 (2013年〜、内外出版社)

主なレース出場歴[編集]

  • 1984年 ファラオラリー(エジプト):リタイア(ホンダXLX250R;カムスプロケット脱落)
  • 1988年 インカラリー(ペルー):44位(ヤマハXT600Zテネレ)
  • 1988年 バハ1000(メキシコ):クラス7位 総合49位(ホンダXR250R)
  • 1989年 バハ1000(メキシコ):クラス10位 総合35位(ホンダXR600R)
  • 1990年 バハ1000(メキシコ):クラス9位(スズキRMX250)
  • 1990年 オーストラリアンサファリ(オーストラリア):クラス3位 総合17位(ホンダXLR250 BAJA)
  • 1990年 エッソ南米ラリー:2位(ペルー・チリ・アルゼンチン・ボリビア計15000km:ヤマハXT600Zテネレ)
  • 1996年 ダカール・ラリー:リタイア(ヤマハXTZ850R::主催者ミスの軽油混入のため、ゴール2日前)
  • 1997年 ダカール・ラリー:総合35位(ホンダXR600R)
  • 1998年 ダカール・ラリー:リタイア(ホンダXR600R:キャブレター内のパーツ破損吸入、ゴール4日前)
  • 2006年 ダカール・ラリー:総合63位(ヤマハWR450F)(2016年現在、バイク部門日本人最高齢での完走)
  • 「釜石24時間エンデューロ」:1位(1993年:ホンダXR600R)
  • 「岩手24時間エンデューロ」:4位(ホンダ・ディグリー250)
  • 「岩手24時間エンデューロ」:2位(ホンダCRM250AR)

脚注[編集]

  1. ^ KRS講師紹介”. KRS. 2012年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]