林弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 弘樹 (はやし ひろき、1974年 - )は日本映画監督図書館プロデューサー・全国公民館応援団長。

人物・来歴[編集]

1974年生まれ。埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身。獨協大学外国語学部英語学科卒。

中学生の時に観た『ニュー・シネマ・パラダイス』に感銘を受け、映画製作の道を志す。黒沢清和田誠北野武らの元で助監督を務める。

2003年、28歳の時に映画会社Fire Works設立。日本中を元気にする映画「らくだ銀座」にて監督デビュー。全国巡回型ロードショウを皮切りに東京国際映画祭カイロ国際映画祭など、国際映画製作者連盟公認・A級世界十大映画祭にも招待され、評価をうける。

西条市合併記念映画「恋まち物語」や全国各地での地域密着型映画製作で、今まで数10万人の人を巻き込み、日経地域情報化大賞2005MJ賞を受賞。

企業や自治体、最近は図書館や医療業界のブランディング戦略のプロデュースに関わり、要望に応じた講演会活動や映画ワークショップ等も行っている。

今まで10年間の取り組みが評価され、2010年地域づくり総務大臣賞団体賞受賞。経済産業省のキーパーソン研究会委員、内閣府地域活性化伝道師に任命される。

「人生ごっこ!? 」でミンスク国際映画祭コンペ部門映画記者審査員特別賞、KINOTAYO映画祭 in Paris、上海国際映画祭パノラマ部門ノミネート。

2011年夏から、映画「ふるさとがえり」が公開され、全都道府県で1300回以上、各地域でのロングラン公開を継続中(2017年現在)。

アジア・太平洋をつなぐ映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」(2013)が全国劇場公開、及び世界30か国以上で公開。

最新作は、映画「惑う After the Rain」ロサンゼルス多文化国際映画祭で最高作品賞を受賞。

2017年10月より文化庁新進芸術家派遣制度でヴェネツィア大学Ca' Foscari University of Venice映画学マスターコースで指導、研究。

同制度で、イタリア研修にいく映画監督は増村保造以来65年ぶりとなる。

作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]