林兼造船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林兼造船(はやしかねぞうせん)は、山口県下関市に本社を置いていた造船会社。

概要[編集]

1916年(大正5年)に中部鉄工所として創業、1919年(大正8年)に林兼造船鉄工所となった。大洋漁業系列の造船所として、下関工場では、捕鯨船を含む大型漁船を多数建造、捕鯨遠洋漁業の衰退後は、フェリー、特殊船を建造した。戦後、買収した長崎工場では、貨物船を主に建造していた。

オイルショックとその後の造船不況、為替相場の円高などの影響を受け、1987年(昭和62年)12月に解散した。

工場[編集]

下関工場[編集]

操業時の工場は、下関駅の北側に存在した。1936年に彦島本村町に第二工場を建設、1938年には彦島南端の田の首に第三工場を建設した。下関工場では、1947年建造の関丸以降、1961年までに32隻の捕鯨船を建造[1]、運搬船、トロール船なども多数建造した。その後、捕鯨の衰退により、1965年を最後に捕鯨船の建造を終了、その後はフェリー、特殊船などを建造した[2]

第二工場は、新林兼造船を経てサンセイが継承し、船舶修理を中心に稼働しており、捕鯨船団の目視採取船の定期修理も受注している[2]。現在も戦前に作られた階段状の側壁が特徴のドックが使用されている[2]。第三工場の跡地は建屋が放置され廃墟となっていたが、2002年に解体された。サニックスが廃プラスチック処理施設「彦島リサイクルガーデン」の建設を計画、2004年に稼働開始を予定したが、反対運動により建設は撤回された。その後、共立機械製作所が進出し同社の下関工場となった。

長崎工場[編集]

倒産した川南工業の長崎造船所を1965年に購入して発足した。当初は漁船や1万トン級の貨物船を建造していたが、1973年の船台拡張以降は大型ばら積み貨物船パナマックスタンカーなどを建造した。造船不況による設備削減で、1980年1月に閉鎖が決定、工場の一部は林兼船渠として独立して存続し、残りは特定船舶製造安定事業協会が買い上げた後、三菱長崎機工および中田組に継承された。1992年、林兼船渠が台湾エバーグリーン・グループに買収され、長栄造船となる。2004年に福岡造船に売却され、同社の長崎工場となった。

主な建造船[編集]

捕鯨船[編集]

1946年から1964年にかけて32隻の捕鯨船、6隻の冷凍船を建造した[1]

大洋漁業

  • 第三十二播州丸 - 冷凍船
  • 第三十五播州丸 - 冷凍船
  • 第三十六播州丸 - 冷凍船
  • 関丸(1948年2月竣工)
  • 第七文丸(1950年9月竣工)
  • 第八文丸(1950年10月竣工)
  • 第十一文丸(1951年8月竣工)
  • 第十一関丸(1951年10月竣工)
  • 第十二文丸(1951年11月竣工)
  • 第十二関丸(1952年7月竣工)
  • 第十五文丸(1952年9月竣工)
  • 第十五関丸(1953年7月竣工)
  • 第十六文丸(1954年9月竣工)
  • 第十六関丸(1955年9月竣工)
  • 第十七文丸(1958年10月竣工)
  • 第十八文丸(1956年9月竣工)
  • 第十七関丸(1956年9月竣工)
  • 第三十三播州丸(1956年11月竣工) - 冷蔵船
  • 第十八関丸(1957年8月竣工)
  • 第十二利丸(1957年10月竣工)
  • 第十五利丸(1957年11月竣工)
  • 第十六利丸(1958年9月竣工)
  • 第十七利丸(1958年10月竣工)
  • 第十八利丸(1958年11月竣工)
  • 第五文丸(1960年5月竣工)
  • 第六文丸(1960年3月竣工)
  • 第二五利丸(1962年9月竣工)
  • 第一三播州丸(1964年9月竣工) - 冷蔵船
  • 第一五播州丸(1964年12月竣工) - 冷蔵船

日東捕鯨

  • 隆邦丸(1956年6月竣工)
  • 第三隆邦丸(1959年6月竣工)
  • 第五隆邦丸(1961年5月竣工)

日本近海捕鯨

  • 勝丸(1956年6月竣工)
  • 第七勝丸(1959年12月竣工)
  • 第八勝丸(1960年10月竣工)
  • 第十勝丸(1961年8月竣工)
  • 第十一勝丸(1964年10月竣工)

極洋

  • 第二十五京丸(1962年竣工)

北洋捕鯨

  • 鷹丸(1960年10月竣工)

KOSMOSノルウェー

  • KOS55(1964年11月竣工)


フェリー・RORO船[編集]


練習船[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 岸本充弘、濱田英嗣「下関における鯨産業発達史」『産業文化研究所所報』第12号、下関市立大学付属産業文化研究所、2002年、 1-18頁、 ISSN 0917-70192015年12月3日閲覧。
  2. ^ a b c 岸本充弘 (2009年12月17日). “下関と鯨を検証する③”. 下関市立大学鯨資料室だより. 下関市立大学付属地域共創センター. 2015年12月1日閲覧。