板倉勝もと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「板倉勝氐」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

板倉 勝氐(いたくら かつもと、天明8年3月6日1788年4月11日)- 文化2年12月8日1806年1月27日))は、備中国庭瀬藩の第6代藩主。重宣系板倉家7代。

第5代藩主板倉勝喜の三男。官位は従五位下。主水佑。織部正。幼名は輝之進。

兄の勝並勝豊が病弱だったため世子となり、享和3年(1803年)11月7日に父の隠居により跡を継いだ。しかし、2年後の文化2年(1805年)12月8日に18歳で早世し、跡を弟の勝資が継いだ。法号は永崇院殿南山源寿大居士。墓所は愛知県西尾市貝吹町の長円寺。