松野孝一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松野 孝一郎
生誕 (1940-03-14) 1940年3月14日(78歳)
研究分野 内部観測
研究機関 長岡技術科学大学
プロジェクト:人物伝

松野 孝一郎(まつの こういちろう、: Koichiro Matsuno1940年3月14日[1] - 、ニックネームは"江夏")は、長岡技術科学大学名誉教授。観測理論である内部観測の発見者である。

北海道出身。東京大学工学部卒。日本電気中央研究所、東洋大学工学部助教授、長岡技術科学大学助教授、教授。2005年定年退官、名誉教授。

著書[編集]

  • 『プロトバイオロジー 生物学の物理的基礎(訳著)』 東京図書1991年
  • 『内部観測とは何か』 青土社2000年
  • 『来たるべき内部観測 一人称の時間から生命の歴史へ』講談社選書メチエ 2016

共著[編集]

翻訳[編集]

  • H.E.スタンリー 『相転移と臨界現象』 東京図書、1974年
  • シドニー・フォックス 『生命の出現と分子選択』 東京図書、1989年
  • ジェスパー・ホフマイヤー 『生命記号論 宇宙の意味と表象』 高原美規共訳、青土社、1999年
  • アントニオ・リマ=デ=ファリア 『生物への周期律 : 自然界のリズムと進化』 監修、土明文訳、工作舎2010年

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]