池田研介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

池田 研介(いけだ けんすけ、1949年(昭和24年) - )は、日本物理学者京都大学理学部物理学科卒業。同大学院修了。京都大学基礎物理学研究所教授を経て、現在は立命館大学教授。

専門は非線形光学複雑系物理学。マックスウェル・ブロッホ方程式カオス解を持つことを示し、光の乱流状態である光カオスを世界で初めて理論的に予測し、 実験的に検証された。また、津田一郎金子邦彦とともに大自由度力学系におけるカオス的遍歴の概念を提唱した。立命館に移籍後は、量子系のカオスの研究に力をいれ、首藤啓高橋公也と協力してカオス系のトンネル効果の理論を複素半古典理論として発展させ、ジュリア集合の数学で知られる複素力学系とトンネル効果に深い関係がある事を発見した。

同僚の倉辻比呂志とは学生時代からの親友でライバル。

略歴[編集]

  • 1972年 - 京都大学理学部物理学科を卒業
  • 1979年 - 京都大学より理学博士号を取得 「二準位、三準位媒質中での電磁場の共鳴伝播に関する理論的研究」
  • 1981年 - 京都大学理学部助手
  • 1985年 - 京都大学基礎物理学研究所教授
  • 1991年 - 日本IBM科学賞を受賞
  • 1995年 - 立命館大学教授