松浦嘉一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松浦 嘉一(まつうら かいち、1891年9月1日 - 1967年8月7日)は、英文学者

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身[1]第八高等学校を経て、1916年東京帝国大学英文科卒。夏目漱石門下に連なり、1920年法政大学予科教授、1925年東京高等学校教授、第一高等学校教授、1949年東京大学教養学部教授。1951年お茶の水女子大学教授、1956年定年、1957年東京女子大学教授、1962年退任、1963年鶴見女子大学教授。ジョン・ダンを専門とする。1948年にジョン・ロックの『統治二論』(『政治論』の題で刊行)を初めて日本語に完訳した人物でもある[2]岳父は教育者の巖本善治

著書[編集]

  • メリディス 研究社英米文学評伝叢書65 研究社出版 1934
  • 英国を視る 第一書房 1940 / 講談社学術文庫 1984
  • 英国史 研究社 1942
  • 英国を語る 益世館出版部 1946 (みどり叢書)
  • アメリカの理想の誕生 植村書店 1948
  • サン・ジョン・ペルス「遠征」研究 松浦文一郎 1968.8

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松浦嘉一 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年7月14日閲覧。
  2. ^ J.ロック『統治論』のアメリカ版(1773)をめぐって 竹本洋 2018年7月14日閲覧。